写真・図版 | 輪島功一が焼き鳥店ではなく“だんご店”を始めた理由は?〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

輪島功一が焼き鳥店ではなく“だんご店”を始めた理由は? 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
石原壮一郎週刊朝日

輪島功一(わじま・こういち)/1943年、樺太生まれ。25歳のときプロボクサーに。3年後、世界タイトルに初挑戦し、王座獲得。タイトルを奪われても、2度にわたって世界王座に返り咲く。そのがむしゃらな戦いぶりは見る者を熱狂させ、「炎の男」の異名をとった。引退後は「だんごの輪島」を開業。現在は東京・西荻窪で「輪島功一スポーツジム」の会長として後進の育成に努めている (撮影/岡田晃奈)

輪島功一(わじま・こういち)/1943年、樺太生まれ。25歳のときプロボクサーに。3年後、世界タイトルに初挑戦し、王座獲得。タイトルを奪われても、2度にわたって世界王座に返り咲く。そのがむしゃらな戦いぶりは見る者を熱狂させ、「炎の男」の異名をとった。引退後は「だんごの輪島」を開業。現在は東京・西荻窪で「輪島功一スポーツジム」の会長として後進の育成に努めている (撮影/岡田晃奈)

[スポーツの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい