「オウム真理教」に関する記事一覧

サリン事件被害者の支援NPOが活動終了 手探りで組み立てた「支援モデル」将来世代へ
サリン事件被害者の支援NPOが活動終了 手探りで組み立てた「支援モデル」将来世代へ

28年前の地下鉄サリン事件で「被害者への支援」を手探りで続けてきたNPOが活動を終える。スタッフは、今後もいつ起きるか分からない事件への対応を「風化にあらがって語り継ぐ」。AERA 2023年11月27日号より。

AERA
カルトに狙われやすい4月は要注意! 「危ない宗教」を見分ける2つのポイント
野村昌二 野村昌二
カルトに狙われやすい4月は要注意! 「危ない宗教」を見分ける2つのポイント
新生活がスタートし、出会いも多くなる4月、若者にとってはカルト教団に狙われるやすい時期でもある。AERA2020年3月23日号では、カルトに狙われやすい若者の特徴、見分けるポイントを紹介する。
オウム真理教
AERA 3/21
「いいね」で接近…カルト勧誘の舞台はSNSへ “偽女子会”に誘導する手口も
野村昌二 野村昌二
「いいね」で接近…カルト勧誘の舞台はSNSへ “偽女子会”に誘導する手口も
1995年のオウム真理教による「地下鉄サリン事件」から25年──。社会はカルトへの警戒感を強めるが、今も水面下で活動を続けている。AERA2020年3月23日号では、主戦場を路上からSNSに移したカルトの勧誘手口を紹介する。
オウム真理教
AERA 3/20
上祐史浩「オウムは霊的ベンチャー企業」若者たちを吸い寄せた背景
上祐史浩「オウムは霊的ベンチャー企業」若者たちを吸い寄せた背景
平成を象徴するオウム真理教事件。華やかなバブルの時代に、なぜエリートの若者たちがオウムに吸い寄せられたのか。発生当時から取材を手がけたジャーナリスト・青木理氏がリポートする。
オウム真理教
AERA 4/11
オウムを追い続けた江川紹子が今感じる「カルト化する現代の空気」
松岡かすみ 松岡かすみ
オウムを追い続けた江川紹子が今感じる「カルト化する現代の空気」
長きにわたってオウム真理教の取材を続けてきたジャーナリストの江川紹子さん。事件から何を教訓とすべきなのか、そして江川さんの目に現代社会はどう映るのか、作家の林真理子さんが聞きました。
オウム真理教林真理子
週刊朝日 10/12
オウム岡崎死刑囚は27日Xデ―予言「執行前は真っ青に…」 上川法相を自民党は選挙で優遇も
今西憲之 今西憲之
オウム岡崎死刑囚は27日Xデ―予言「執行前は真っ青に…」 上川法相を自民党は選挙で優遇も
29人の死者を出した松本・地下鉄両サリン事件などで死刑判決を受けた13人すべての死刑が執行され、多くの謎を残したまま、オウム真理教事件は終焉した。
オウム真理教
dot. 7/29
オウム豊田亨死刑囚 執行までの3週間に親友が見た苦悩 麻原執行後に筆記具を取り上げられた
オウム豊田亨死刑囚 執行までの3週間に親友が見た苦悩 麻原執行後に筆記具を取り上げられた
極限状況の3週間を、拘置所でどう過ごしたか。麻原執行後、豊田亨死刑囚と面会を重ねた伊東乾氏が寄稿した。
オウム真理教
AERA 7/28
14人目の死刑囚になるはずだった村井秀夫 母親が語ったその闇とは?
今西憲之 今西憲之
14人目の死刑囚になるはずだった村井秀夫 母親が語ったその闇とは?
松本・地下鉄両サリン事件などで29人の死者を出した一連のオウム真理教事件で死刑判決を受けた林(現姓・小池)泰男死刑囚(60)ら6人の刑が26日、執行された。林死刑囚のほか、岡崎(現姓・宮前)一明(57)、横山真人(55)、豊田亨(50)、広瀬健一(54)、端本悟(51)ら5人。オウム事件での死刑囚は計13人で、教祖の麻原彰晃元死刑囚(本名・松本智津夫)ら7人は7月6日にすでに執行されていた。
オウム真理教
週刊朝日 7/26
“オウムシスターズ”次女と交際を黙認された端本悟の怒り「麻原さんを許せない」 <教団エリートの「罪と罰」(6)>
“オウムシスターズ”次女と交際を黙認された端本悟の怒り「麻原さんを許せない」 <教団エリートの「罪と罰」(6)>
医師、弁護士、科学者……「宗教国家」を夢想した麻原彰晃の下には、高学歴で才能あふれるエリートが集まっていた。26日に死刑が執行された、勝手気ままな「フリーマン」端本悟と証言を拒んだ「沈黙の男」横山真人。地下鉄サリン事件から17年となった2012年、最後の特別手配犯3人の逃亡生活にピリオドが打たれた年に発売された『週刊朝日緊急臨時増刊「オウム全記録」』では、オウム真理教を徹底取材。麻原の操り人形として破滅へと堕ちていった彼らの、封印されたプロファイルをひもとく――。
オウム真理教
週刊朝日 7/26
物理の秀才・広瀬健一が麻原の「浮揚」を信じた瞬間 <教団エリートの「罪と罰」(5)>
物理の秀才・広瀬健一が麻原の「浮揚」を信じた瞬間 <教団エリートの「罪と罰」(5)>
医師、弁護士、科学者……「宗教国家」を夢想した麻原彰晃の下には、高学歴で才能あふれるエリートが集まっていた。26日に死刑が執行された、東大卒の死刑囚・豊田亨、麻原の「浮揚」信じた物理の秀才・広瀬健一。地下鉄サリン事件から17年となった2012年、最後の特別手配犯3人の逃亡生活にピリオドが打たれた年に発売された『週刊朝日緊急臨時増刊「オウム全記録」』では、オウム真理教を徹底取材。麻原の操り人形として破滅へと堕ちていった彼らの、封印されたプロファイルをひもとく――。
オウム真理教
週刊朝日 7/26
誰より多くサリンを撒いた「殺人マシン」林泰男の意外な素顔 <教団エリートの「罪と罰」(4)>
誰より多くサリンを撒いた「殺人マシン」林泰男の意外な素顔 <教団エリートの「罪と罰」(4)>
医師、弁護士、科学者……「宗教国家」を夢想した麻原彰晃の下には、高学歴で才能あふれるエリートが集まっていた。26日に死刑が執行された、恋人と逃亡続けた「殺人マシン」林泰男と幼少期の不遇から“愛”求め出家した岡崎一明。地下鉄サリン事件から17年となった2012年、最後の特別手配犯3人の逃亡生活にピリオドが打たれた年に発売された『週刊朝日緊急臨時増刊「オウム全記録」』では、オウム真理教を徹底取材。麻原の操り人形として破滅へと堕ちていった彼らの、封印されたプロファイルをひもとく――。
オウム真理教
週刊朝日 7/26
オウム死刑囚6人も執行 「喋らない林、死にたいと漏らした端本」被害者、脱洗脳カウンセラーらが語る真実
オウム死刑囚6人も執行 「喋らない林、死にたいと漏らした端本」被害者、脱洗脳カウンセラーらが語る真実
松本・地下鉄両サリン事件などで29人の死者を出した一連のオウム真理教事件で死刑判決を受けた林(現姓・小池)泰男死刑囚(60)ら6人の刑が26日、執行された。林死刑囚のほか、岡崎(現姓・宮前)一明(57)、横山真人(55)、豊田亨(50)、広瀬健一(54)、端本悟(51)ら5人。オウム事件での死刑囚は13人で、教祖の麻原元死刑囚(本名・松本智津夫)ら7人は7月6日にすでに執行されていた。1カ月の間で2回の執行は初めてで、残された死刑囚の精神状態を考慮し、早まったとみられる。死刑囚全員の刑が執行されたことで、一連のオウム事件に終止符がうたれたが、事件にはまだ多くの謎が残されている。阿鼻叫喚の地獄絵のような現場で被害者、医師、捜査員、脱洗脳カウンセラーらは何を思ったのか?
オウム真理教
週刊朝日 7/26
【写真】<教団エリートの「罪と罰」>総集
【写真】<教団エリートの「罪と罰」>総集
医師、弁護士、科学者……「宗教国家」を夢想した麻原彰晃の下には、高学歴で才能あふれるエリートが集まっていた。地下鉄サリン事件から17年となった2012年、最後の特別手配犯3人の逃亡生活にピリオドが打たれた年に発売された『週刊朝日緊急臨時増刊「オウム全記録」』では、オウム真理教を徹底取材。麻原の操り人形として破滅へと堕ちていった彼らの、封印されたプロファイルをひもとく――。
オウム真理教
dot. 7/26
この話題を考える
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
東浩紀 松本死刑囚の死刑執行「あちこちで『平成の終わり』と重ねられている」
東浩紀 東浩紀
東浩紀 松本死刑囚の死刑執行「あちこちで『平成の終わり』と重ねられている」
批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。
オウム真理教東浩紀
AERA 7/19
オウム信者は原発に潜入していた 元信者が語った幻の原子炉ジャック計画
オウム信者は原発に潜入していた 元信者が語った幻の原子炉ジャック計画
死刑執行されたオウム真理教の麻原彰晃こと松本智津夫ら7人の元死刑囚の死で一連の事件が終わったワケではない。オウム信者が原発に検査作業員として組織的に入り込んでいた──。その驚くべき実態を週刊朝日が報じたのは、地下鉄サリン事件が起きた後の1995年夏。記者の問いに対して当時、武闘派でならした元信者は、原発に潜入して原子炉の安全管理にかかわる資料を持ち出すとともに、「爆弾をしかけることだってできた」と豪語した。なぜ、オウムは原子炉まで接近できたのか。そして本当に原発ジャックの危険はあったのか。
オウム真理教
週刊朝日 7/17
オウムの麻原、井上、土谷、新実ら死刑囚の最期の瞬間「その後、仕事できず」と検察幹部
オウムの麻原、井上、土谷、新実ら死刑囚の最期の瞬間「その後、仕事できず」と検察幹部
地下鉄サリン事件など、オウム真理教の一連の事件で死刑が確定、麻原彰晃元死刑囚ら教団幹部7人の死刑が執行されて1週間が経過した。麻原はじめ、元死刑囚らの執行時の様子が次第に明らかになってきた。
オウム真理教
週刊朝日 7/15
元警視庁捜査一課理事官が明かすオウム秘話「愛人知らなかった麻原妻と土谷死刑囚が落ちた瞬間」
森下香枝 森下香枝
元警視庁捜査一課理事官が明かすオウム秘話「愛人知らなかった麻原妻と土谷死刑囚が落ちた瞬間」
オウム真理教の元教祖、麻原彰晃元死刑囚(本名・松本智津夫)ら7人の死刑が執行されてから1週間が過ぎたが、元死刑囚らに帰依する信者たちは多く、存在するという。かつてオウム捜査の中心を担い、当時、サリン製造の責任者だった土谷正実死刑囚、麻原彰晃の妻の取り調べなどを担当した元捜査1課理事官の大峯泰廣氏(70 )が明かす、彼らの素顔と真実とは──。
オウム真理教
週刊朝日 7/13
井上死刑囚から勧誘された医師が明かす「オウム真理教事件は受験エリートの末路」
上昌広 上昌広
井上死刑囚から勧誘された医師が明かす「オウム真理教事件は受験エリートの末路」
受験エリートの一つの末路だった――。教団元幹部7人の死刑が執行されたオウム真理教事件。当時、信徒には高学歴の若者が多く、事件にも関与していた。現役の医師で、東京大学医科学研究所を経て、医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、自身の経験をもとに「背景にあったのはリアリティーの乏しさ。私と入信した友人を分けたのはわずかな差」と振り返った。
オウム真理教
週刊朝日 7/11
ヘイトスピーチ、陰謀論…“オウム”はまた現れるのか!?
永井貴子 永井貴子 上田耕司 上田耕司 吉崎洋夫 吉崎洋夫
ヘイトスピーチ、陰謀論…“オウム”はまた現れるのか!?
社会を震撼させたオウム真理教事件。一連の事件を指示したとされる元教祖の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚ら教団元幹部7人の死刑が執行され、真相は闇に葬られた。オウム真理教とはいったい何だったのか──。
オウム真理教
週刊朝日 7/11
1 2
カテゴリから探す
ニュース
政治家は「詐欺師」と「臆病者」、有権者は「無気力」…政治の危機を救うのは立憲の“世代交代”しかない 古賀茂明
政治家は「詐欺師」と「臆病者」、有権者は「無気力」…政治の危機を救うのは立憲の“世代交代”しかない 古賀茂明
古賀茂明
dot. 1時間前
教育
慶應湘南藤沢、東邦大東邦でも出題 中学入試で「知識」より「思考力」を問う問題の対策法とは
慶應湘南藤沢、東邦大東邦でも出題 中学入試で「知識」より「思考力」を問う問題の対策法とは
中学受験
AERA with Kids+ 1時間前
エンタメ
〈しゃべくり007きょう初出演〉藤本美貴の“鬼嫁”はビジネス? ママタレとして10年生き残る元トップアイドルの胆力
〈しゃべくり007きょう初出演〉藤本美貴の“鬼嫁”はビジネス? ママタレとして10年生き残る元トップアイドルの胆力
藤本美貴
dot. 10時間前
スポーツ
「巨人の未来」が明るいと感じるワケ 期待の若手が“急増”、原点回帰で名門復活の予感
「巨人の未来」が明るいと感じるワケ 期待の若手が“急増”、原点回帰で名門復活の予感
プロ野球
dot. 13時間前
ヘルス
高齢の親の「がん」 子どもは親の不安にどう寄り添う? 通院と治療、お金、術後の生活
高齢の親の「がん」 子どもは親の不安にどう寄り添う? 通院と治療、お金、術後の生活
いい病院
dot. 23時間前
ビジネス
日経平均株価は「ユニクロ平均」か「半導体平均」か 4万円突破に“違和感”の正体 崔真淑
日経平均株価は「ユニクロ平均」か「半導体平均」か 4万円突破に“違和感”の正体 崔真淑
日経平均株価4万円超え
dot. 14時間前