「羽生結弦」に関する記事一覧

羽生結弦「ケガ欠場」でも北京五輪代表選出は“盤石”? 

羽生結弦「ケガ欠場」でも北京五輪代表選出は“盤石”? 

 五輪2連覇中のフィギュアスケート男子王者、羽生結弦(26)の周囲が、俄かに騒がしくなってきた。 日本スケート連盟は17日、羽生選手がグランプリ(GP)シリーズ第6戦のロシア杯(11月26~28日、ソ

週刊朝日

11/25

  • 「4回転3種類では時代に置いていかれる」 北京五輪めぐるフィギュア男子シングルの熾烈な争い

     北京五輪に向けた熱い氷上の戦いが開幕した。日本フィギュアスケート男子シングルの出場枠は3枠。次世代選手や海外勢の活躍がメダル争いにどのように影響してくるのか。AERA 2021年11月1日号では、五

    AERA

    10/30

  • 羽生結弦は? 北京五輪が「見えてくる」フィギュアスケートGPシリーズ大予想

     北京オリンピックまで4カ月を切った。羽生結弦、宇野昌磨、紀平梨花らが出場するフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズが10月22日に開幕。五輪有望選手の動向を、フィギュアスケートを長年取材する

    週刊朝日

    10/23

  • 羽生結弦が6年ぶりに「ドリーム・オン・アイス」復帰 「必ず4回転半決める」と今季の決意語る

     羽生結弦が6年ぶりに「ドリーム・オン・アイス」に帰ってきた。出演を決めたのは、ファンへの熱い思いだという。繊細かつ全力の演技で、冒頭から観客を羽生ワールドに引き込んだ。AERA 2021年8月2日号

    AERA

    8/1

  • 「目標は五輪金ではなく、4回転半」 羽生結弦が挑む前人未到の大技

     今季最終戦となるフィギュアスケート世界国別対抗戦が4月に大阪で開催された。各選手とも、北京五輪シーズンの来季につながる滑りを重視したようだ。羽生結弦はそこで4回転半に挑戦する姿を国内初披露した。AE

    AERA

    5/3

  • 「調子の波が、わーって崩れて」 羽生結弦が「過酷な戦い」を振り返る 世界選手権ショート&フリー後の会見を一挙公開

     フィギュア世界選手権では、羽生結弦の一挙手一投足に世界から注目が集まった。試合を通して何を語ったのか──。AERA 2021年4月12日号では、ショート後とフリー後、それぞれの彼の言葉を追った。* 

    AERA

    4/12

  • 羽生結弦、震災10年での世界選手権「何か心が動くきっかけになれば」 試合前の会見全文公開

     フィギュア世界選手権で世界中から視線を集めた羽生結弦。その試合前には何を思い、何を語ったのか。試合前の会見コメント全文を掲載した、AERA 2021年4月12日号の記事を紹介する。*  *  *【2

    AERA

    4/11

この人と一緒に考える

  • 羽生結弦のコーチが告白 ネイサン・チェンと“真逆の状況下”でのメダル獲得は「結弦にしかできない」

     今季は地元仙台に戻り、独りで練習してきた羽生結弦。コーチのブライアン・オーサーとは世界選手権で1年ぶりに再会した。巨匠の目に映った、1年の成長、来季への展望は──。AERA 2021年4月12日号で

    AERA

    4/10

  • 羽生結弦、3アクセルすら跳べない時期も…「むしろそれが当然」とコーチ 練習の日々を独占インタビューで明かす

     今季はコーチのブライアン・オーサーの元を離れ、地元仙台で独りで練習をしてきた羽生結弦。2人は世界選手権で再会を果たしたが、それまでどのように練習を続けてきたのか。AERA 2021年4月12日号で、

    AERA

    4/9

  • 「最終目標は金メダルではない」 羽生結弦の4回転アクセルへの渇望

     羽生結弦の自身8度目の世界選手権が終わった。世界王者の称号の奪還をかけた大会だったが、フリーで崩れた。ただ、羽生は後ろを向いてはいない。AERA 2021年4月12日号では、羽生結弦選手がいま最も叶

    AERA

    4/8

  • フィギュア世界選手権まもなく開幕 羽生、宇野、鍵山、それぞれの戦略とは

     フィギュアスケート世界選手権が3月24日に開幕する。今季はコロナ禍で大会が制限される中、世界最高峰の戦いが実現しようとしている。羽生は、宇野は、各国の有力選手は、どんな舞いを見せるのか。AERA 2

    AERA

    3/24

  • 「意識するのはロシア勢」 紀平梨花ら各国女子代表は4回転が必須の時代に

     フィギュアスケート世界選手権が3月24日に開幕する。今大会は無観客開催、選手や関係者らは感染予防対策を徹底したエリアで過ごし、大会終了まで一度も外に出ることがない。そんな厳戒態勢の中、紀平選手が意識

    AERA

    3/24

  • 羽生結弦「声援を心の中で再生した」 コーチ不在の全日本も渾身のプログラムで魅了

     昨年末のフィギュアスケート全日本選手権でコーチ不在にもかかわらず王者奪還を果たした羽生結弦選手。華麗で力強い演技は見る人に勇気を与え、王者はまた一つ壁を越えた。AERA 2021年1月18日号では、

    AERA

    1/17

この人と一緒に考える

  • 「トリプルアクセルすら跳べない時期あった」 羽生結弦のコロナ禍での葛藤

     昨年末に開かれたフィギュアスケート全日本選手権で羽生結弦選手が完全勝利をおさめた。コロナ禍という異例の事態のなか、羽生は「暗闇の底に落ちる感覚」だったという。AERA 2021年1月18日号では、羽

    AERA

    1/16

  • 「来季は限界の先へ行く」 羽生結弦の今季とクワッドアクセルへの道のり

     羽生結弦の今季の終わりは突然訪れた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、雪辱を果たすはずだったフィギュアスケート世界選手権が中止に。しかし、羽生は来季に向けて既に前を向いているという。*  *  *

    AERA

    5/2

  • 「結弦には『僕のスケートは美しい』と伝え続けてほしい」ブライアン・オーサー、羽生選手への思い

     四大陸選手権では五輪2連覇を果たしたプログラムを再演し、フリー「SEIMEI」で観客を魅了した羽生結弦選手。AERA 2020年3月9日号では、ブライアンコーチの目から見た今季の羽生の成長と戦略をイ

    AERA

    3/21

  • 「結弦は答えがもうわかっている」 ブライアン・オーサーが語る羽生の再始動

     羽生結弦選手とコーチのブライアン・オーサーがタッグを組んでから今季で8年目。四大陸選手権でスーパースラムを達成した羽生は、次はどこへ向かうのか。AERA 2020年3月9日号では、ブライアンコーチに

    AERA

    3/20

  • 羽生結弦「もう少しだけ、この子たちの力を」 突然の曲変更への思い明かす

     2月に韓国・ソウルで行われたフィギュアスケートの四大陸選手権で、羽生結弦が優勝を果たした。今回使用した曲は「バラード第一番」と「SEIMEI」。2年前、韓国・平昌で五輪連覇した時の曲だ。AERA 2

    AERA

    2/19

  • 羽生結弦、4回転アクセルは「プライドとしてのアクセル」 完成までは「あとちょっと」

     韓国・ソウルで行われたフィギュアスケートの四大陸選手権で、羽生結弦が優勝した。滑った曲は2年前、韓国・平昌で五輪連覇を達成したときと同じ「バラード第一番」と「SEIMEI」だ。このプログラム変更で、

    AERA

    2/19

1 2 3 4 5

カテゴリから探す