「不倫」に関する記事一覧

  • カンニング竹山

    カンニング竹山

    カンニング竹山「不倫は“見て見ぬ振り” 外野が『奥さんがかわいそう』の気持ち悪さ」

     芸能人の不倫報道が再燃している。お笑い芸人のカンニング竹山さんは「もはや清廉潔白ブームになっている」と、当事者を社会的に抹殺していく風潮に危機感を募らせる。*  *  * あえて名前は出しませんが、

    dot.

    1/29

  • 西澤寿樹

    西澤寿樹

    夫の浮気を「許した」30代の妻がうつ状態に 許しの強要がもたらす深刻すぎる事態

     相手が謝ったら許す――。家庭でも学校でも教えられてきたこの“ルール”には、わずかな例外があるという。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、

    dot.

    9/21

  • 西澤寿樹

    西澤寿樹

    「なぜ夫が不倫に走ったのか知りたい」 30代専業主婦が訴えても"解決"できない本当の理由

     パートナーの行動に「なぜ?」と疑問を持つことは誰しもあるだろう。そして、聞かれて理由を説明することも。しかし、カップルカウンセラーの西澤寿樹さんはカウンセリングで「なぜ」問いかけることを禁止するとい

    dot.

    5/8

  • 西澤寿樹

    西澤寿樹

    「実験」のつもりで不倫した30代妻の告白をデコピンで許した夫への違和感

     浮気や不倫で揺れ動くのは芸能界の夫婦だけではない。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回は「浮気とその後の対応」について取り上げる。*  *  * 先日、スウ

    dot.

    1/22

  • 西澤寿樹

    西澤寿樹

    夫婦喧嘩がエスカレートした40代夫婦が陥った「サザエさん一家」幻想

     11月22日は「いい夫婦の日」。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回は「いい夫婦になる方法」について取り上げる。*  *  * いつからか11月22日を「い

    dot.

    11/22

  • 西澤寿樹

    西澤寿樹

    不倫の償いでGPS付きで育児する夫は、ノーベル賞受賞に本庶教授の言葉を理解せよ

     京都大学の本庶佑特別教授(76)がノーベル医学生理学賞を受賞した。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回はいま注目を集める本庶教授の言葉から、夫婦関係の&ld

    dot.

    10/5

この人と一緒に考える

  • 西澤寿樹

    西澤寿樹

    夫がやり手の女性秘書と海外出張中に不倫…疑惑を追求する妻に言ってはいけないNGワード

     カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回は「本当のことを信じてもらえない理由」をテーマに解説する。*  *  * 先日、深夜番組を見ていたら、街頭インタビューで

    dot.

    9/21

  • 西澤寿樹

    西澤寿樹

    不倫を続ける53歳夫の対策を別れさせ屋に依頼する43歳妻がはまった思わぬ落とし穴とは?

     別れさせ屋の行為は公序良俗に反しない――。そんな控訴審判決が話題になった。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回は「別れさせ屋の落とし穴」をテーマに解説する。

    dot.

    9/5

  • 西澤寿樹

    西澤寿樹

    「不倫は絶対ない」 妻へのウソがバレた42歳男性の帰る家なくなった地獄

     中谷美紀主演のW不倫ドラマ『あなたには帰る家がある』(TBS系)が「ドロドロすぎる」、「ホラーだ」と話題だ。浮気を問い詰められたとき、つい口から出てしまったウソが地獄をもたらすこともある。カップルカ

    dot.

    5/18

  • 浮気、金欠のイケメン夫の犬を預かって白浜で殺害された妻の無念

     イケメンの夫が妻を殺害した動機は浮気だけではなかった。 昨年7月、有名な和歌山県白浜町の海水浴場でシュノーケリングの最中に水難事故を装い、妻の野田志帆さん(当時28)を溺死させたとしたとして、和歌山

    dot.

    4/24

  • 不倫に走る母親たちの女心、子育てを終えた開放感が危ない

    ●「40代は寂しさを抱えている」人妻キラーの狙い目とは 子どもがある程度大きくなった40代の母親は、寂しさを抱えていることがある。“人妻キラー”を自称するBさん(33歳男性)は、その心理をうまく利用し

    ダイヤモンド・オンライン

    4/23

  • “不倫”は日本の文化なのか? 江戸時代にタイムスリップ!

     平成に入って「不倫は文化」と言った人もいたが、日本で不貞行為に対する世間の目が厳しくなったのは、明治時代以降だともいわれている。そこで、江戸時代の絵や文献を通して、今と昔の相違を探ってみる。「江戸時

    週刊朝日

    2/13

この話題を考える

  • 西澤寿樹

    西澤寿樹

    小泉今日子の不倫宣言に揺れる豊原夫婦の分水嶺とは?

     妻か、不倫相手である恋人か。女優・小泉今日子(52)が事務所独立と「不倫」を宣言。その相手である俳優・豊原功補(52)が記者会見で口にしたのは、2人の女性の間で揺れ動く気持ちだった。小泉との関係がき

    dot.

    2/7

  • 小泉今日子と同棲せず、「妻と離婚協議してない」不倫相手・豊原功補が明かす

     女優小泉今日子の不倫相手とされる俳優の豊原功補(52)が3日、都内で会見を開いた。「家族に対しては厳しい思いを強いてしまった。自責の念は堪えませんし、言葉に表せないものがある」と言って釈明した。 黒

    週刊朝日

    2/3

  • 独立&不倫宣言した小泉今日子が語っていた「芸能界の悪しき因襲」

     女優・小泉今日子が所属事務所から独立することを発表、かねてから交際が取り沙汰されていた俳優・豊原功補との恋愛関係も認めて話題を集めている。 小泉は、15年に設立した制作会社「株式会社明後日」のサイト

    dot.

    2/2

  • カンニング竹山

    カンニング竹山

    カンニング竹山が週刊文春編集長との対談で感じた違和感

     音楽プロデューサー・小室哲哉の不倫疑惑報道をきっかけに、週刊文春への批判が集まっている。そんな中で注目されたカンニング竹山さんと同誌・新谷学編集長とのトークイベント。新谷編集長は今回の報道の意図につ

    dot.

    1/31

  • 小室哲哉が110分語った「介護うつ」と“不倫”の関係

     小室哲哉(59)は1月19日に引退を表明した記者会見で、引退を考え始めた時期を質問されると、「仕事と妻の介護を両立することの限界を感じたのは昨年8月だった」と語った。 引退を考え始めていたところに、

    週刊朝日

    1/24

  • 西澤寿樹

    西澤寿樹

    小室哲哉の反省は危険 夫婦カウンセラーが指南「配偶者介護の対処法」

     音楽プロデューサー・小室哲哉さん(59)の不倫疑惑報道と引退が突きつけたのは、どんなに抜きんでた才能を持ち、時代の先端を走ってきた人物にも等しく「病」や「介護」がやってくるという現実だった。高齢化が

    dot.

    1/22

1 2 3 4 5

カテゴリから探す