「シネマ×SDGs」に関する記事一覧

同じアパートに住む3つの家族を描いた映画「3つの鍵」 孤独に生きるつらさと難しさが身に染みる

同じアパートに住む3つの家族を描いた映画「3つの鍵」 孤独に生きるつらさと難しさが身に染みる

  ある夜、ローマの高級住宅街のアパートの1階に車が突っ込む。運転していたのは3階に住む裁判官夫婦の息子。2階に住む孤独な妊婦は陣痛がはじまり、1階に住む夫婦は仕事のため隣人に幼い娘を預けた。事故をき

AERA

9/25

  • 「彼女のいない部屋」の監督が語る、耐え難い日常や現実との向き合い方

     フランスの地方都市。早朝、クラリス(ヴィッキー・クリープス)は夫と幼い息子と娘の寝顔を見て家を出る。彼女は家庭を放棄したのか? それとも──?連載「シネマ×SDGs」の20回目は、すべて

    AERA

    9/18

  • 「女性の権利などいらないよ。私は自立しているんだ」 サハラ砂漠でカフェを営む老女のドキュメンタリー

     サハラ砂漠の真ん中で小さな店を営む老女マリカ。決して愛想がよいわけではない彼女のもとに、ときおりトラック運転手やバイカーがやってきては、話をして去っていく……。美しく詩的

    AERA

    9/11

  • 俳優ウド・キアー「『LGBTQの権利』という議論すら生まれないような、もっと普遍的な時代がくるといい」

     一流のヘアメイクドレッサーとして活躍したパットは、今や静かな老人ホーム暮らし。ある日、かつての顧客リタの遺言で葬儀の死化粧の依頼が舞い込む。彼女に対する複雑な思いを抱える彼は一度は断るが、意を決して

    AERA

    8/28

  • ニューヨークの地下鉄のさらに下で暮らす親子 ホームレス問題を子どもの視点から描く

     ニューヨークの地下鉄のさらに下のトンネルで暮らす5歳のリトルと母親ニッキー。だが市の職員が不法住居者を排除しにやってくる。母親に連れられてリトルは初めて地上へ出るのだが──。連載「シネマ×

    AERA

    8/21

  • 戦争で同じ傷を持つ日本人と英軍パイロットを結んだ「生き残った者としての使命」

     エリザベス女王の妹、マーガレット王女とのロマンスで知られ、映画「ローマの休日」のモデルといわれるピーター・タウンゼンド大佐。英空軍を経て作家となった彼は1978年、長崎で被爆した谷口稜曄(すみてる)

    AERA

    8/7

  • 戦争で女性が果たす役割と受けた傷 「ロシアの若い世代に戦争の実態を知ってほしい」

     スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチによる証言集『戦争は女の顔をしていない』を原案にした映画「戦争と女の顔」。舞台は1945年、終戦直後のレニングラード。看護師イーヤは男の子を育てているが、ある悲劇で

    AERA

    7/31

この人と一緒に考える

  • 俳優とシェフを経験した監督が、レストランを舞台に業界の問題の核心に迫る

     ロンドンの高級レストラン。シェフのアンディは多忙と妻子との別居で精神的にギリギリ。そんななかグルメ評論家が来店することになり……。スリリングな展開で、人種やジェンダー差別

    AERA

    7/20

  • マルタ島の若い漁師が守るのは伝統か、子どもの未来か 映画『ルッツ』の監督が描く地球規模の“問題”

     マルタ島でルッツと呼ばれる小舟に乗り、昔ながらの漁をする青年ジェスマーク。不漁で収入が減っているが、海底を壊すトロール漁を拒否している。しかし幼い息子に発達の遅れがあるとわかり、ある決断を迫られる─

    AERA

    7/3

  • 在日社会でもタブーだった「済州4・3事件」描くヤン ヨンヒ監督最新作 家族の壮絶な体験をときにユーモラスに表現

     大阪でひとり暮らす母が突然語り始めた70年前の壮絶な体験。それは韓国現代史最大のタブーと言われる「済州4・3事件」だった。在日コリアン2世のヤン ヨンヒ監督が母との日々などをユーモラスにちりばめなが

    AERA

    6/26

  • 14歳で誘拐され1日の労働は20時間 知られざる水産大国の闇を映画に

     あなたが口にしているシーフードは「海の奴隷」がとったものかもしれない。世界有数の水産大国・タイでは、漁船で奴隷労働をさせられている人々がいる。地獄のような日々から彼らを救おうとする活動家パティマ。本

    AERA

    6/19

  • コーダから学ぶ他者への理解 気づきを得れば、人と人との間のバリアーが解除される

     耳の聞こえない親から生まれた耳の聞こえる子どもたち、コーダ(CODA=Children Of Deaf Adults)。家では手話、外では口話を話すコーダたちは、どちらの世界にも馴染めない。米国で暮

    AERA

    6/12

  • 「創作が私にとって生きていくための唯一のオプション」女性監督が抱える困難にもめげない

     1924年、英国中のメイドが年に一度の里帰りを許される母の日。ニヴン家で働くジェーンは孤児ゆえ帰る家がない。そんな彼女のもとへ隣家の跡継ぎで幼なじみとの結婚式を控えたポールから誘いがかかる&hell

    AERA

    6/5

この話題を考える

1

カテゴリから探す