「シニア」に関する記事一覧

100歳時代、お金が足りない! 老後破綻を逃れる“4つの手順”

100歳時代、お金が足りない! 老後破綻を逃れる“4つの手順”

 老後資金の世界が大きく変わりつつある。「100歳まで」と期間は延びても、給料は増えないまま。もはや定年までの準備では、お金が足りないことが明白になってきた。どうすれば老後破綻は防げるのか。新しい考え

週刊朝日

2時間前

  • 20年後に家計破綻が続出 晩婚がとどめ「老後資金まで手が回らない」

    「このままでは今から20年後、30年後に老後破綻する家計が続出するのではないでしょうか」 こんな物騒な予想をするのは、ファイナンシャルプランナー(FP)の澤木明氏だ。数多くの企業で、50代以上の社員に

    週刊朝日

    1/24

  • 握力低下は死亡リスク増大! 鎌田實式「筋トレ」で“貯筋”のすすめ

     高齢者は体力が衰えやすい。食い止めるには筋トレなどで筋肉量を増やすしかない。特に握力が低下すると、寿命に影響するという。そこで、諏訪中央病院の鎌田實名誉院長に、自ら実践する筋トレ方法などを聞いた。*

    週刊朝日

    1/6

  • トヨタやスターバックスに見る、現代に必要な「DA・DA・DAの無限サイクル」とは

     大きく変化する時代を乗りきるためには、正解主義から修正主義へ移行すべき。そう断言するのは、教育改革実践家の藤原和博さんだ。最新刊『60歳からの教科書――お金・家族・死のルール』(朝日新書)で提唱する

    dot.

    12/21

  • 介護を見据えた「先回り」リフォームで失敗も 高齢者の住まい作り“注意点”

    「自宅で最期まで過ごしたい」と考えたとき、快適に過ごすための住空間をどう作るか。居心地の良さのポイントは人それぞれで、どんな改修が適しているかは身体の状態によっても変わってくるが、早ければ早いほどなじ

    週刊朝日

    12/14

  • “バリアー”がリハビリに役立つことも 最低限のリフォームでよい場合

     高齢期の住まいづくりは、住みやすさに加えて安全面も考慮したい。在宅生活を快適かつ安心して過ごすために、リフォームが必要である場合もあれば、本人の身体の状態によっては、最小限で済むこともある。どんな視

    週刊朝日

    12/14

  • コンプレックスを“武器”に60歳以降を幸せにする方法

     還暦は「第二の成人」。最新刊『60歳からの教科書――お金・家族・死のルール』(朝日新書)で、人生のエネルギーカーブについて解説する藤原和博さんは、「コンプレックスは人生に必要」と説く。とことん自分ら

    dot.

    12/14

この人と一緒に考える

  • 在宅療養のための“自宅リフォーム” 介護体験から学んだ「七つの改修点」

     高齢者の転倒事故が起こる場所は、約半数が住み慣れた自宅だという。在宅療養が始まったら、住みやすさに加えて安全面も考慮したい。在宅生活を快適に、安心して過ごすためのリフォームには、どんなポイントが必要

    週刊朝日

    12/10

  • “死に方”を決めれば“生き方”が見える 「ピーターの法則」が示す“死なない生き方”

     死に方とは生き方なり。最新刊『60歳からの教科書――お金・家族・死のルール』(朝日新書)で、人生100年時代を生き抜くスベをまとめた藤原和博さんは、「組織における死」が生きるヒントになるという。無能

    dot.

    12/7

  • おひとりさまの“死に支度” 身元保証会社の破綻で問題も 

    “おひとりさま”は、元気なうちは自由気ままでいいが、問題は高齢になってから。家族がいない場合などは、入院した時の身元保証人や、お迎えがきた時の看取り、死んだ後の手続きは誰がやる

    週刊朝日

    12/7

  • おひとりさま“もしも”への準備はどうする? 相談増える“尊厳信託”

     首都圏のある特別養護老人ホーム(特養)で暮らすA子さん(80代)は、“もしも”の時に備えて元気なうちに準備をしていたことで、安心して余生を送れている。 独身で後継ぎもおらず、

    週刊朝日

    12/3

  • シニアのスマホ依存 不眠や体調不良の原因に…使い方の見直しを

     新型コロナウイルスの感染拡大後、スマートフォンの使いすぎが原因で体調を崩す高齢者らが増えている。心あたりがある人は要注意。最初は軽い症状でも、放っておくと大きな病気につながることもある。使い方を見直

    週刊朝日

    11/18

  • 老後資金を2000万円貯めたら不安に…持ってるだけじゃなく有効活用するには?

     貯金をしてきてまとまった額になったものの、銀行の普通預金口座になんとなくそのまま入っている……そういう方は意外と多いものです。定年を意識する年齢になり、老後資金を作るため

    ダイヤモンド・オンライン

    11/16

この話題を考える

  • 「元・北千住のナンパ王」も利用 カジノ楽しめるデイサービス

     折り紙に風船バレー。デイサービスに、子ども扱いされるイメージを抱くシニアは少なくない。特に男性は抵抗を感じやすく、一般的に利用者の7割ほどは女性だ。この状況を変えようと、男性目線で運営する施設がある

    週刊朝日

    11/9

  • 医療費2割負担に備えよ 意外に知らない“高額療養費制度”の注意点

     今は原則1割の75歳以上の医療費の窓口負担を、年収200万円以上の人は2割に引き上げる改正法が今年6月に成立した。制度を支える現役世代の負担を抑える狙いだが、国の医療費は膨らみ続け、今後さらに負担が

    週刊朝日

    9/28

  • 「うっせぇわ」はシニアにも響く? 「心に響いた歌」調査の“意外な結果”

     ソニー生命保険が毎年実施している、全国のシニア(50~79歳)男女への生活意識調査で、「今年、心に響いた歌」の結果が、「意外」でおもしろい。 インターネットを通じて1千人分の有効サンプルを集計したも

    週刊朝日

    9/27

  • 年金受給しながら最大2700万円増! 65歳以降も働いて「老後」の不安解消

     高齢化の進展で65歳以降の「長く働く生活」が注目されている。フルタイムからアルバイトを含む「チョイ働き」まで働き方はさまざま。年金のもらい方と組み合わせれば、「ゆうゆうリタイア」も見えてくる。家計へ

    週刊朝日

    9/16

  • 転倒での死者は交通事故死の2倍以上 “転倒予防”グッズの進化がすごい!

     カーペットの段差につまずいた、階段を踏み外した、風呂場ですべった……。加齢とともに体が思うように動かなくなると、家の中でさえも大ケガにつながる危険でいっぱいだ。シニアの体

    週刊朝日

    9/14

  • コロナ禍で需要急増 新時代のペットロボットが生活を変える

     鉄腕アトムやドラえもんのように、ロボットと仲良く暮らす時代が訪れつつある。1999年発売の犬型ロボット・AIBO(アイボ)は一世を風靡し、今や多種多様なペットロボットが販売されている。人の暮らしに優

    週刊朝日

    9/11

1 2 3 4 5

カテゴリから探す