• 特集
  • 【厳選】書籍ダイジェスト

【厳選】書籍ダイジェスト

AERA dot.編集部が厳選した一般書、ビジネス書、新書、文芸書などの「ダイジェスト版」「関連記事」をご提供します。

  • 異性との交際禁止を強いてきた母の「孫の顔を見せて」に怒りと申し訳なさを感じると吐露する30歳女性。鴻上尚史が「驚きました」と伝えたこと

    異性との交際禁止を強いてきた母の「孫の顔を見せて」に怒りと申し訳なさを感じると吐露する30歳女性。鴻上尚史が「驚きました」と伝えたこと

     母から異性との交際禁止を強いられ続け、学生時代から彼氏をつくらずにきたという30歳女性。いまになって「孫の顔を見せて」と言う母への複雑な心境を吐露する相談者に、鴻上尚史が「驚きました」と伝えた訳とは

    dot.

    5/23

  • 【ゲッターズ飯田】今日の運勢は?「実力をうまく発揮できる日」銀の鳳凰座

    【ゲッターズ飯田】今日の運勢は?「実力をうまく発揮できる日」銀の鳳凰座

     占いは人生の地図のようなもの。芸能界最強の占い師、ゲッターズ飯田さんの「五星三心占い」が、あなたが自分らしく日々を送るためのお手伝いをします。12タイプ別に、毎週月曜日にその日の運勢、毎月5のつく日

    dot.

    5/22

  • 「シン富裕層」が今でも“自宅投資”を成功させている理由 13年間で2億5000万円値上がりしたケースも

    「シン富裕層」が今でも“自宅投資”を成功させている理由 13年間で2億5000万円値上がりしたケースも

     都心の駅近に1億円のマンションを購入すると10年でその価値が2倍に。そこで新たにローンを組んで2億円のマンションを買ったところ、3年後には3億5000万円に! そんな夢のような不動産投資を実現させて

    dot.

    5/19

  • 織田信長が奪取した「岐阜城」にはなぜ町民が集まったのか 思わず「永住」したくなる町づくりと心をつかむ減税政策

    織田信長が奪取した「岐阜城」にはなぜ町民が集まったのか 思わず「永住」したくなる町づくりと心をつかむ減税政策

     1567年、織田信長は戦いで疲弊した城下町(後の岐阜城)を活気づけるために「楽市令」を発布した。定住を条件に大幅な減税を約束し、関所も無料とするなどして城下町の経済をV字回復させた。織田信長の手によ

    dot.

    5/18

  • メーカー勤務40代夫婦が500万円投資で資産5億円 新世代の「シン富裕層」になるための心構え

    メーカー勤務40代夫婦が500万円投資で資産5億円 新世代の「シン富裕層」になるための心構え

     一代で巨万の富を築く、新しい世代の富裕層「シン富裕層」が増えているという。実家がそれほど資産家なわけでもなく、どれだけ稼いでもさほど物欲もない。これまでとは性格も稼ぎ方も全く違う、新しい富裕層は「シ

    dot.

    5/18

  • 明智光秀の「城づくり」から垣間見える織田信長への不満と羨望

    明智光秀の「城づくり」から垣間見える織田信長への不満と羨望

     織田信長の家臣のなかで、競うように業績を上げたライバル、明智光秀と木下藤吉郎(羽柴秀吉)。ひとりは信長の後継者として、もうひとりは信長を殺害する謀反人として袂を分かつ。その謀反人・明智光秀が築城した

    dot.

    5/17

  • 現代日本の超リッチ「シン富裕層」に「なれる人」と「なれない人」の境界線

    現代日本の超リッチ「シン富裕層」に「なれる人」と「なれない人」の境界線

     もはや経済大国といえない今の日本でも、一代で数十億円の財産を築く富裕層は増えているという。地主や資産家の2世のように富を相続したわけではない「シン富裕層」たち。彼らはいったいどんな人たちなのか。2万

    dot.

    5/17

  • 出産を経て「人はいずれ死ぬ」と強く感じ苦しいと訴える38歳女性に、鴻上尚史が明かした2人の両親の死と向き合った時間

    出産を経て「人はいずれ死ぬ」と強く感じ苦しいと訴える38歳女性に、鴻上尚史が明かした2人の両親の死と向き合った時間

     出産を経てから、人がいずれ死ぬ事実を強く意識し、悲しく空しい気分になったと明かす38歳女性。悲しく空しい気分のなか気の持ちようを問う相談者に、鴻上尚史が伝えた「聖人のように達観できない」私たちのあり

    dot.

    5/16

  • 秀吉の悲願・豊臣家の存続が託された最後の城「京都新城」はなぜ幻となったのか 晩年の恐怖政治の象徴だった悲運

    秀吉の悲願・豊臣家の存続が託された最後の城「京都新城」はなぜ幻となったのか 晩年の恐怖政治の象徴だった悲運

     1597年、豊臣秀吉は生涯最後の城郭となる「京都新城」の築城を命じた。だが、その前後から秀吉は恐ろしい恐怖政治に突き進んでいた。政権を揺るがした「秀次切腹事件」にとどまらず、秀次家族全員の処刑、秀次

    dot.

    5/16

  • 【ゲッターズ飯田】5月の開運のつぶやき「環境を変える勇気が、人生を大きく変える」銀のインディアン座

    【ゲッターズ飯田】5月の開運のつぶやき「環境を変える勇気が、人生を大きく変える」銀のインディアン座

     占いは人生の地図のようなもの。芸能界最強の占い師、ゲッターズ飯田さんの「五星三心占い」が、あなたが自分らしく日々を送るためのお手伝いをします。12タイプ別に、毎週月曜日にその日の運勢、毎月5のつく日

    dot.

    5/15

1 2 3 4 5

別の視点で考える

特集をすべて見る

カテゴリから探す