菅首相、和泉首相補佐官の”肝いり”コロナ感染者用施設が宙に浮き 血税48億円がパー【現場ルポ】

ヘルス

2021/05/09 10:00

官房長官時代の菅義偉氏と和泉洋人首相補佐官(C)朝日新聞社
官房長官時代の菅義偉氏と和泉洋人首相補佐官(C)朝日新聞社
 新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が東京、大阪、兵庫、京都で5月31日まで延長され、12日から愛知、福岡にも新たに宣言が発出される。

【現場ルポ】48億円の血税がパーになった幻の「コロナ療養施設」はこちら

 全国で5月8日時点で確認された感染者は7043人に上り、北海道、群馬、新潟、石川、愛知、滋賀、岡山、香川、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分の13道県では一日あたりの感染者が過去最多となった。

 東京や大阪では連日、新規感染者が1000人を超え、病床の逼迫、医療崩壊が問題となっている。

 そんな中、菅義偉首相の側近である和泉洋人首相補佐官が「肝いり」で用意したコロナ療養施設が宙に浮き、計48億円もの血税がパーになったことがAERAdot.の調べでわかった。

  コロナ療養施設は東京都内の4か所にあった警察用宿舎を昨年、37億円かけて改修し、軽症、無症状の感染患者を受け入れる施設として使うはずだったが完成後、一度も利用されないまま、長らく放置された。

 今年4月からもとの警察用宿舎に戻す11億円をかけた改修工事が再び始まり、5月末に完成するという。

 この施設はもともと東京五輪・パラリンピックで警備にあたる警察派遣部隊が宿舎するために昨年4月頃、建設されたもので、東京都江戸川区、江東区、大田区の4カ所にある。

警察宿舎へ再改修中の東京都大田区城南島にあるコロナ療養施設(撮影・上田耕司)
警察宿舎へ再改修中の東京都大田区城南島にあるコロナ療養施設(撮影・上田耕司)

 緊急事態宣言が延長され、休業要請などで休職者、失業者があふれる中でなぜ、こんなデタラメな税金の使い方がなされたのか。自民党関係者がこう語った。

「このコロナ療養施設は菅さんと和泉首相補佐官の負の遺産ですよ。当時、官房長官だった菅さんの意向を受け、名代として懐刀の和泉さんが動いた」

 警察庁などによると、これら4つの施設は昨年4月、官邸の方針でコロナ感染の軽症・無症状の患者らが療養する施設に使うことが決定。

 大部屋を個室にリフォームし、トイレや浴室を増やしたほか、駐在する医師や看護師のためのスペースを設けるなどし、改修費として約37億円が費やされた。この件に関わった厚生労働省関係者もこう証言する。

NEXT

官邸が案件を決め、こんな結果を招いた

1 2 3 4 5

あわせて読みたい

  • りゅうちぇるが「怒りを感じた」保育所が入る吉祥寺のコロナ療養施設がひっそり開設【現地ルポ】

    りゅうちぇるが「怒りを感じた」保育所が入る吉祥寺のコロナ療養施設がひっそり開設【現地ルポ】

    dot.

    7/16

    【独自】官邸の“兵糧攻め”で小池都知事がダウン?東京都へのワクチン供給がストップし、大混乱 

    【独自】官邸の“兵糧攻め”で小池都知事がダウン?東京都へのワクチン供給がストップし、大混乱 

    dot.

    6/28

  • 「面倒見のいい」大学ランキング1位は? サポート充実の大学は…

    「面倒見のいい」大学ランキング1位は? サポート充実の大学は…

    週刊朝日

    1/17

    「抗体カクテル療法」重症化抑止効果7割でも“過信禁物”の理由

    「抗体カクテル療法」重症化抑止効果7割でも“過信禁物”の理由

    AERA

    9/4

  • 学校の勉強は教えない 子どものやる気に火をつける塾 宝槻泰伸<現代の肖像>

    学校の勉強は教えない 子どものやる気に火をつける塾 宝槻泰伸<現代の肖像>

    AERA

    6/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す