「病理医になる人を増やしたい」中高生に病理診断体験セミナー 開催する病理医が語る魅力とは

医学部に入る2023

2022/11/02 08:00

「病理医」という医師をご存じだろうか。診断や治療に欠かせない役割を果たしている医師だが、患者と接することがないため、一般的にはあまり知られていない。それは医師を目指す学生にとっても同様で、「病理医になる人を増やしたい」と中高生に病理医の仕事を紹介する活動に取り組む医師がいる。順天堂大学医学部附属練馬病院の病理診断科先任准教授の小倉加奈子医師だ。好評発売中の週刊朝日ムック『医学部に入る2023』では、小倉医師を取材した。

あわせて読みたい

  • 芦田愛菜が「将来の夢」と語った「病理医」の仕事とは?

    芦田愛菜が「将来の夢」と語った「病理医」の仕事とは?

    dot.

    4/20

    医学部に受かる子、受からない子の違いは?受験生必読 全国82大学医学部受験ガイド/『医学部に入る2023』 9月26日発売

    医学部に受かる子、受からない子の違いは?受験生必読 全国82大学医学部受験ガイド/『医学部に入る2023』 9月26日発売

    9/26

  • シニアこそ認知症より“うつ病”に注意? 75歳からの心身変化と対策

    シニアこそ認知症より“うつ病”に注意? 75歳からの心身変化と対策

    週刊朝日

    11/17

    患者と接する機会が少ない「病理医」が、がん治療で重要な役割を担う理由

    患者と接する機会が少ない「病理医」が、がん治療で重要な役割を担う理由

    週刊朝日

    3/8

  • 【手術の疑問Q&A】 手術中に執刀医が交代することはある?に医師の答えは

    【手術の疑問Q&A】 手術中に執刀医が交代することはある?に医師の答えは

    dot.

    3/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す