巨人が“浅野以外”で欲しいのは? ドラフト補強ポイント【中日・広島・巨人】

ドラフト

2022/10/01 18:00

京都外大西・西村瑠伊斗
京都外大西・西村瑠伊斗

 プロ野球のドラフト会議まであと約3週間となり、各球団の動向や候補選手についての報道も多くなる時期となってきた。今年は本命らしい本命は不在という印象で、近年多かった事前の1位指名公表も少なくなることが予想されるが、各球団どんな選手を狙うべきなのか。補強ポイントと、その選手がチームにマッチするかという点から探ってみたいと思う。今回は現在セ・リーグでBクラスの巨人、広島、中日の3球団だ。

【写真】「サプライズ1位」指名の可能性ある注目打者がこちら

*  *  *

【中日】

 立浪和義新監督が就任し、期待が高かった中日だが最下位が決定的となっており、今年も苦しいシーズンとなった。昨年のドラフトでは長打力不足を解消するためにブライト健太、鵜飼航丞の強打者タイプの大学生外野手2人を指名したが、ともに確実性に大きな課題を残しており、一軍の戦力となるにはまだ時間がかかりそうな印象だ。若手野手では岡林勇希がブレイクし、土田龍空も成長を見せているが、根尾昂が投手に転向となり、石川昂弥も故障続きとなると、やはり今年も野手中心の指名と考えるのが妥当ではないだろうか。

 そこで筆頭候補として推したいのが内藤鵬(日本航空石川・三塁手)だ。西武のところでも紹介したが、その長打力は高校生ではナンバーワンであり、今年の候補全体を見ても長距離砲としての素質の高さはトップという印象を受ける。仮に内藤を1位で指名できたとしても、大砲候補はプロで苦しむケースが多いだけに、もう1人くらいは高校生の強打者タイプを狙いたい。

 石川、ブライト、鵜飼も右打ちだということを考えると左打者が狙い目になりそうだが、2位で残っていれば狙いたいのが西村瑠伊斗(京都外大西・外野手)だ。体はそれほど大きくないが、ミート力は高校球界でも1、2を争う存在で、技術で遠くに飛ばすことができる。足と肩も高水準で、広い外野を任せられるポテンシャルも備えている。下位で狙えそうな選手では田中多聞(呉港)も面白い。少し確実性には課題が残るが、大型でパワフルなスイングは高校生離れしたものがある。肩の強さがあるのも魅力だ。

NEXT

広島の補強ポイントは?

1 2 3 4

あわせて読みたい

  • 柳田悠岐の“後釜”で狙うべきは?  ドラフト補強ポイント【西武・オリックス・ソフトバンク】

    柳田悠岐の“後釜”で狙うべきは? ドラフト補強ポイント【西武・オリックス・ソフトバンク】

    dot.

    9/30

    “弱点”を補える選手は誰だ? ドラフト補強ポイント【日本ハム・ロッテ・楽天】

    “弱点”を補える選手は誰だ? ドラフト補強ポイント【日本ハム・ロッテ・楽天】

    dot.

    9/29

  • 【2022ドラフト採点簿】セ・リーグで「最高の指名」できたチームはどこだ!

    【2022ドラフト採点簿】セ・リーグで「最高の指名」できたチームはどこだ!

    dot.

    10/21

    【ドラフト採点簿】中日は「最高評価」 巨人、同年代捕手2人の上位指名は理解できない!

    【ドラフト採点簿】中日は「最高評価」 巨人、同年代捕手2人の上位指名は理解できない!

    dot.

    10/27

  • 【ドラフト採点簿】中日は根尾獲得で最高評価 一方で巨人、阪神は…【西尾典文】

    【ドラフト採点簿】中日は根尾獲得で最高評価 一方で巨人、阪神は…【西尾典文】

    dot.

    10/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す