哲学者・カントの逆転の発想「コペルニクス的転回」とは 犬は人間の目に合わせて「犬」になる

哲学史

2022/07/20 14:00

「コペルニクス的転回」をご存じでしょうか。これは「逆転の発想」のことで、18世紀に活躍した哲学者・カントが提唱した「人間が物を認識しているのではなく、物が人間に合わせて存在している」という考え方です。『ざっくりわかる8コマ哲学』(著/小川仁志、マンガ/まめ)では、東西に広く知られる35人の哲学者の思想を、8コマまんがでざっくりゆる~く解説。ここでは、ドイツ観念論の源流となったカントをやさしく解説します。

あわせて読みたい

  • なぜ松尾貴史は20年以上舞台に立ち続ける? 理由は“東西の師匠”の導き

    なぜ松尾貴史は20年以上舞台に立ち続ける? 理由は“東西の師匠”の導き

    週刊朝日

    8/6

    徳洲会が日本最大グループになった背景 「異形の病院王」徳田虎雄の戦略

    徳洲会が日本最大グループになった背景 「異形の病院王」徳田虎雄の戦略

    AERA

    11/27

  • 「第三系列」社会に140兆円返還運動」 日本が変わるための提言

    「第三系列」社会に140兆円返還運動」 日本が変わるための提言

    週刊朝日

    6/8

    ニーチェが「神は死んだ」と喝破した理由 自分の道徳基準を持って負け惜しみを言わない

    ニーチェが「神は死んだ」と喝破した理由 自分の道徳基準を持って負け惜しみを言わない

    dot.

    7/24

  • 5月の日暮れ時は西の空に注目!地球の兄弟惑星【内惑星編】

    5月の日暮れ時は西の空に注目!地球の兄弟惑星【内惑星編】

    tenki.jp

    5/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す