糸井重里が嫌いな「FMしゃべり」とは? 勘違いしたラジオDJの末路

聴きたくなる人の話し方

書籍

2022/08/04 11:30

秀島史香さん(写真:著者提供)
秀島史香さん(写真:著者提供)

 なぜラジオは3時間の生放送でも聞き続けられるのか? ラジオDJとして25年、第一線で活躍し続ける秀島史香さんですが、実は「もともと緊張しがちで人見知りで心配性」といいます。そんな秀島さんだからこそ見つけられた、誰でも再現できる「人が聞き入ってしまう会話のレシピ」を一冊に詰め込んだ『なぜか聴きたくなる人の話し方』からの連載。今回は、自分らしさを見つけるためのヒントをご紹介します。

*  *  *

■糸井重里さんは「FMしゃべり」がお嫌い!?

「ぼくは『FMラジオ』というものに対して、実は結構批判的なんですよ」

 これは2018年に、糸井重里さんが発行している『ほぼ日手帳』のトークイベントでゲストに呼んでいただいたとき、糸井さんがおっしゃっていたことです。

 この話題の中で出てきた、糸井さんが言うところの「FMしゃべり」とは、例えば「秋は気分がメランコリックになって、夏の恋の清算に思い悩んでいる」と決めつけてしまうような、聞き手を都合よく誘導していくような話し方なのだとか。

「それはそれで、違いますよー、糸井さん!」と全力で反論し、トークイベントは大いに盛り上がりました。糸井さんのイメージとしては、FMしゃべり=借りてきた定型文のような、話し手の実感がこもっていない台本のような言葉、とのこと。ううむ、立場的にしっかり誤解を解いておきたいお話です。

 FMのDJが定型文のような言葉を話しているとは思いませんが、「FMラジオのDJっぽさ」というある種の「型」はあると思います。例えば「大人の女性(男性)の落ち着いた艶っぽい声」「英語まじりで、独特の流れるようなリズムがあるおしゃれな話し方」というイメージでしょうか。

 子どもの頃から、トークは少なめ、大人の雰囲気たっぷりのジャズが流れる「これぞFMラジオ!」という番組ばかりを聞いてきた私は、おしゃれでキラキラした世界、いわゆる「FMしゃべり」に大いに憧れを抱いていました。頭に浮かべていたのは、大都会を見下ろす高層ビルのスタジオで、ワイングラスを回しながらしっとり話す美しい女性。

なぜか聴きたくなる人の話し方

秀島 史香

amazon
なぜか聴きたくなる人の話し方

NEXT

「カッコいいDJ」の型をなぞったDJの末路

1 2 3 4

あわせて読みたい

  • ラジオDJ・秀島史香が「AIには負けない」という理由

    ラジオDJ・秀島史香が「AIには負けない」という理由

    AERA

    11/4

    ラジオ現場にあふれるトークを弾ませ、伝える工夫 人気DJが解説する会話の極意

    ラジオ現場にあふれるトークを弾ませ、伝える工夫 人気DJが解説する会話の極意

    AERA

    7/6

  • 姿勢を正すだけで…? 疲れにくく集中力も増す簡単な方法

    姿勢を正すだけで…? 疲れにくく集中力も増す簡単な方法

    dot.

    10/7

    ラジオDJ・秀島史香×TBSアナウンサー・井上貴博 「伝わる」会話には相手本意の考えが必要

    ラジオDJ・秀島史香×TBSアナウンサー・井上貴博 「伝わる」会話には相手本意の考えが必要

    AERA

    9/14

  • 壇蜜のタメ口にメロメロ 相手との上手な距離の縮め方
    筆者の顔写真

    秀島史香

    壇蜜のタメ口にメロメロ 相手との上手な距離の縮め方

    dot.

    8/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す