糸井重里が嫌いな「FMしゃべり」とは? 勘違いしたラジオDJの末路

聴きたくなる人の話し方

書籍

2022/08/04 11:30

 見よう見真似でも、「1ミリでも近づきたい」とまずは漕ぎ出してみる。「学ぶ」は「真似ぶ」ともいわれますしね。

 もちろん、「自分には合っていないな」と思ったら最初の憧れにこだわらず、どんどん修正していきましょう。むしろ「なるほど、これは自分には合わなかったんだな」と発見できたことを収穫とします。

「留まっているうちは何も見つかりません。「やってみた→できなかった→次はこうやってみよう」のサイクルを回していくと、「あ、これは違うな」「意地になっていたかも」と自分に合わない価値観もはがれ落ちていきます。

 年齢を重ねるごとに、似合うもの、好みも変わってきます。話し方だって、若いときと同じ言葉遣いはしていません。ひとつの型にしがみつかず、変わりゆく「自分らしさ」も受け入れながら、「今の自分がありたい姿、今後なりたい姿」を定期的に見直してみませんか。

 長くこの仕事をしていても、いまだに「あ、間違えた」なんことは日々あります。先日も、「柔らかく」と思って使った言葉が丁寧すぎてしまい、かえって冷たい感じに聞こえてしまうという失敗がありました。でも、そのたびに「これも自分のアップデートのためのチェック作業だったのね」として受け入れる。

「またひとつ、これはNGだというデータが自分の中に入ったわ。勉強になった、よかったね!」とメモして、必要以上に自分を責めない。大丈夫、次に生かせばそれでいいんです。

 ちなみに、冒頭でご紹介したトークイベントの続きで、このようなぶっちゃけ話をしたら、糸井さんも「FMと和解できた気がする!」と、二人で自然に握手をして、最後は落語のオチのような展開に。気になる方は「ほぼ日 秀島」で検索してみてくださいね。

【ここまで聴いてくれたあなたへ】
理想の「型」に固執しない。
意地にならないことで、自分らしさが見つかる。

(構成/小川由希子)

なぜか聴きたくなる人の話し方

秀島 史香

amazon
なぜか聴きたくなる人の話し方
秀島史香

秀島史香

秀島史香(ひでしま・ふみか)ラジオDJ、ナレーター。1975年、神奈川県茅ヶ崎市生まれ。慶應義塾大学在学中にラジオDJデビュー。映画、テレビ、CM、美術館音声ガイドなど多岐にわたり活動している。現在FMヨコハマ『SHONAN by the Sea』、NHKラジオ『ニュースで学ぶ「現代英語」』、NHK Eテレ『高校講座 現代の国語』などに出演中。著書に『いい空気を一瞬でつくる 誰とでも会話がはずむ42の法則』『なぜか聴きたくなる人の話し方』(共に朝日新聞出版)。ハスキーで都会的な声質、あたたかい人柄とフリートークが、クリエイターからリスナーまで幅広く人気。

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2 3 4

あわせて読みたい

  • ラジオDJ・秀島史香が「AIには負けない」という理由

    ラジオDJ・秀島史香が「AIには負けない」という理由

    AERA

    11/4

    ラジオ現場にあふれるトークを弾ませ、伝える工夫 人気DJが解説する会話の極意

    ラジオ現場にあふれるトークを弾ませ、伝える工夫 人気DJが解説する会話の極意

    AERA

    7/6

  • 姿勢を正すだけで…? 疲れにくく集中力も増す簡単な方法

    姿勢を正すだけで…? 疲れにくく集中力も増す簡単な方法

    dot.

    10/7

    ラジオDJ・秀島史香×TBSアナウンサー・井上貴博 「伝わる」会話には相手本意の考えが必要

    ラジオDJ・秀島史香×TBSアナウンサー・井上貴博 「伝わる」会話には相手本意の考えが必要

    AERA

    9/14

  • 壇蜜のタメ口にメロメロ 相手との上手な距離の縮め方
    筆者の顔写真

    秀島史香

    壇蜜のタメ口にメロメロ 相手との上手な距離の縮め方

    dot.

    8/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す