糸井重里が嫌いな「FMしゃべり」とは? 勘違いしたラジオDJの末路

聴きたくなる人の話し方

書籍

2022/08/04 11:30

秀島史香『なぜか聴きたくなる人の話し方』好評発売中!※Amazonで本の詳細を見る
秀島史香『なぜか聴きたくなる人の話し方』好評発売中!
※Amazonで本の詳細を見る

「いつか私もこんなカッコいい仕事をしたいなあ」と無邪気に夢見ていたものです。いやあ、理想をこれでもか!と大きく膨らませていた10代ですね。はい、若かったです。

■「カッコいいDJ」の型をなぞったDJの末路

 そんな私がラジオDJとしてのキャリアをスタートさせたのは、大学3年生のとき。思い切って受けた大阪のFM802のラジオDJオーディションに合格したのがきっかけです(前著『いい空気を一瞬でつくる─誰とでも会話がはずむ42の法則』でどうぞ)。

 この頃の私には、夢だったラジオDJになれた喜びはもちろんですが、「1日も早く憧れの先輩DJに近づきたい」「一人前にならなくては!」という焦りがありあまっていて、高速で空回りしていました。

そして「これだよね、ラジオDJって」という「定型文」ばかりをとっかえひっかえ並べていったのです。そう、まさに「FMしゃべり」。

 初めのうちは「結構、いい感じ」なんて思っていました。ですが、1年も経つと「あれ、なんだか窮屈だな」と行き詰まってきます。そりゃそうですよね。だって、実態もよく知らない「カッコいいDJ」の理想に背伸びして自分をはめ込んでいただけですから。自分が日ごろ使っている言葉で話していなかったのです。

 定型パターンを使い回して、いよいよ手持ちの言葉がなくなってくると、「さっきも同じこと言っちゃったし……」とスムーズに言葉が出なくなってきます。自分であって自分でないような、「他の誰かがペラペラ口だけで話している」という違和感が大きくなっていきました。

 実際、新人時代の放送を聞き直してみると、人のものをコピペしてしゃべっているようで、完全に上滑り状態。極端に言えば、台本をやたらカッコつけて読んでいるけれど、棒読み。リスナーにも、それは伝わっていたでしょう。

 とまあ、なんとも情けない告白になっていますが、でもこの「型」を大いに真似て「ダメだこりゃ」と行き詰まった失敗があったからこそ、「じゃあ、自分の言葉って、自分の話し方ってなんだろう」と真剣に掘り下げて考えるようになりました。

なぜか聴きたくなる人の話し方

秀島 史香

amazon
なぜか聴きたくなる人の話し方

NEXT

『GROOVE LINE』ピストン西沢さんのアドバイスで…

1 2 3 4

あわせて読みたい

  • ラジオDJ・秀島史香が「AIには負けない」という理由

    ラジオDJ・秀島史香が「AIには負けない」という理由

    AERA

    11/4

    ラジオ現場にあふれるトークを弾ませ、伝える工夫 人気DJが解説する会話の極意

    ラジオ現場にあふれるトークを弾ませ、伝える工夫 人気DJが解説する会話の極意

    AERA

    7/6

  • 姿勢を正すだけで…? 疲れにくく集中力も増す簡単な方法

    姿勢を正すだけで…? 疲れにくく集中力も増す簡単な方法

    dot.

    10/7

    ラジオDJ・秀島史香×TBSアナウンサー・井上貴博 「伝わる」会話には相手本意の考えが必要

    ラジオDJ・秀島史香×TBSアナウンサー・井上貴博 「伝わる」会話には相手本意の考えが必要

    AERA

    9/14

  • 壇蜜のタメ口にメロメロ 相手との上手な距離の縮め方
    筆者の顔写真

    秀島史香

    壇蜜のタメ口にメロメロ 相手との上手な距離の縮め方

    dot.

    8/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す