糸井重里が嫌いな「FMしゃべり」とは? 勘違いしたラジオDJの末路

聴きたくなる人の話し方

書籍

2022/08/04 11:30

写真:著者提供
写真:著者提供

 その後担当したJ-WAVE『GROOVE LINE』との出会いで、こだわっていた「カッコいいDJ」という理想から自由になれた気がします。ご一緒した大先輩のピストン西沢さんからの「もっとありのままでやったら?」というアドバイスもあって、「そうか! そもそも私って、おしゃれタイプじゃなかった」と、霧が晴れていくように、肩の力が抜けていきました。

「こうあるべき」という「型」が抜けたあとのぽっかり空いたスペースに、スーッと降りてきたのが、「じゃあ、私らしさってなんだろう。何をどう磨いていけばいいのだろう」という問い。そこから、ようやく「自分の言葉探し」が始まったのです。

 毎日の放送を聞き直しながら、「オープニングの呼び込みは、ピストンさんのノリに楽しく翻弄されたままのテンションで、もっとくだけた雰囲気でつなぐほうがよかった。リスナーさんと一緒にワクワクする感じになれるし」「クイズコーナーの語尾は『~でしょうか?』ではなくて、『まさか~なんですか?』のほうが普段の自分らしい」など、「よし、明日はこうやってみよう」と自分に小さな宿題を出しました。

「できた!」という回もあれば、「あ、こっちじゃなかったか」「今度はこんなコメントにしてみよう」なんていう日も。トライ&エラー体験を繰り返していくことで、少しずつ自分の言葉が溜まってくるようになりました。

■自分らしさの変化も楽しむ

 大切なのはまずやってみること。

 自分に似合うか、フィットするかどうかは、実際にその言葉を口にして、使ってみないとわかりませんよね。私が憧れた「FMしゃべり」も、何はともあれ実際やってみたからこそ、「違う違う、こっちじゃなかったわ」と、自分に合っていないことがわかりました。

 初めての何かにチャレンジするときは、どこへ向かえばいいのかすらわからない状態です。

 そんなときは、まずは誰かに憧れる気持ちを入り口としてみましょう。見渡す限りの大海原において、「ああ、私はあの方向に進みたい」と心惹かれる「灯台的な人」はいますか?

なぜか聴きたくなる人の話し方

秀島 史香

amazon
なぜか聴きたくなる人の話し方

NEXT

その後、糸井重里さんとは…

1 2 3 4

あわせて読みたい

  • ラジオDJ・秀島史香が「AIには負けない」という理由

    ラジオDJ・秀島史香が「AIには負けない」という理由

    AERA

    11/4

    ラジオ現場にあふれるトークを弾ませ、伝える工夫 人気DJが解説する会話の極意

    ラジオ現場にあふれるトークを弾ませ、伝える工夫 人気DJが解説する会話の極意

    AERA

    7/6

  • 姿勢を正すだけで…? 疲れにくく集中力も増す簡単な方法

    姿勢を正すだけで…? 疲れにくく集中力も増す簡単な方法

    dot.

    10/7

    ラジオDJ・秀島史香×TBSアナウンサー・井上貴博 「伝わる」会話には相手本意の考えが必要

    ラジオDJ・秀島史香×TBSアナウンサー・井上貴博 「伝わる」会話には相手本意の考えが必要

    AERA

    9/14

  • 壇蜜のタメ口にメロメロ 相手との上手な距離の縮め方
    筆者の顔写真

    秀島史香

    壇蜜のタメ口にメロメロ 相手との上手な距離の縮め方

    dot.

    8/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す