【パンダ来日50年】実物を見た日本人がほぼいなかったパンダが上野動物園のアイドルになるまで

パンダ

2022/05/03 16:00

 ジャイアントパンダ(以下、パンダ)が初めて日本に来たのは、1972(昭和47)年10月のことです。当時、日本ではパンダについてほとんど知られていませんでした。もちろん飼育した経験のある人もいませんでした。そのような時代に、急遽パンダの受け入れ先に決まった上野動物園では、大急ぎで準備が進められたといいます。試行錯誤の連続だったという当時の様子を、飼育員の一人としてかかわった成島悦雄さんの寄稿文(黒柳徹子と仲間たち・著『パンダとわたし』収録文の一部を抜粋・再構成)から振り返ります。

あわせて読みたい

  • 日中「パンダ外交」 “国賓級”出迎えの裏で飼育員は竹収集に奔走!?

    日中「パンダ外交」 “国賓級”出迎えの裏で飼育員は竹収集に奔走!?

    週刊朝日

    1/17

    東京のシンボル、上野動物園の悲喜こもごも

    東京のシンボル、上野動物園の悲喜こもごも

    tenki.jp

    3/20

  • ヤクの大脱走、宿直の夜に野犬襲来... 動物園の波乱万丈裏舞台!

    ヤクの大脱走、宿直の夜に野犬襲来... 動物園の波乱万丈裏舞台!

    BOOKSTAND

    1/15

    双子の名前発表はもうすぐ?「パンダ」の命名事情

    双子の名前発表はもうすぐ?「パンダ」の命名事情

    東洋経済

    10/5

  • パンダベビー誕生には“イケダン”が必須条件?

    パンダベビー誕生には“イケダン”が必須条件?

    AERA

    6/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す