認知症の予防には「聞こえにくい」の放置はダメ 医師は社会的交流の低下リスクを指摘

ヘルス

2022/04/16 09:00

 加齢とともに聞こえが悪くなっても「年だから仕方ない」と放置しがちだ。しかし近年、難聴が認知症の危険因子になることが明らかになり、聞こえを改善するための難聴対策が注目されている。

あわせて読みたい

  • 「難聴」予防が認知症リスクを減らす? 医師が関係性を解説

    「難聴」予防が認知症リスクを減らす? 医師が関係性を解説

    週刊朝日

    9/7

    早めの補聴器が認知症予防につながる? 聞こえと脳の関係を専門医が解説

    早めの補聴器が認知症予防につながる? 聞こえと脳の関係を専門医が解説

    週刊朝日

    4/1

  • 【難聴・耳鳴り】患者はどう治療法を選べばいい? 補聴器で改善しないときは? 専門医が解説

    【難聴・耳鳴り】患者はどう治療法を選べばいい? 補聴器で改善しないときは? 専門医が解説

    dot.

    4/1

    【難聴・耳鳴り】認知症の大きなリスク要因 聞こえないと脳の機能も衰える

    【難聴・耳鳴り】認知症の大きなリスク要因 聞こえないと脳の機能も衰える

    dot.

    4/3

  • 「耳鳴りが続くと耳が悪くなる」は間違い! 最新医学が明らかにした原因とは?

    「耳鳴りが続くと耳が悪くなる」は間違い! 最新医学が明らかにした原因とは?

    dot.

    4/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す