鈴木誠也は4番で起用すべきか…侍Jは連勝で決勝T進出も、投打で“見極め”必要に

東京五輪

2021/07/31 17:51

 劇的な勝利から中2日で迎えたメキシコ戦は、初戦の逆転勝ちの勢いが感じられる展開となった。初回に先発の森下暢仁(広島)がいきなり1点を失ったものの、直後の2回表に森下をリードする甲斐拓也(ソフトバンク)のタイムリーで同点に追いつくと、続く3回には坂本勇人(巨人)がピッチャーゴロの間に生還する好走塁を見せて逆転。4回には山田哲人(ヤクルト)にスリーランが飛び出して一気にリードを広げ、10安打7得点と効率の良い攻撃でメキシコ投手陣を圧倒した。

あわせて読みたい

  • 侍ジャパン、米国に勝利も気になった“投手起用” 準決勝・韓国戦のカギは継投か

    侍ジャパン、米国に勝利も気になった“投手起用” 準決勝・韓国戦のカギは継投か

    dot.

    8/3

    山田哲人、坂本勇人…侍ジャパンの選手選びのツケと采配に早くも不安 

    山田哲人、坂本勇人…侍ジャパンの選手選びのツケと采配に早くも不安 

    dot.

    7/28

  • 侍ジャパンの年棒ランキング24 1位は田中将大、2位は? エモヤンの評価する意外な選手

    侍ジャパンの年棒ランキング24 1位は田中将大、2位は? エモヤンの評価する意外な選手

    dot.

    8/2

    侍Jが日韓戦に勝利 柳田、甲斐らソフトバンク勢の“勝負強さ”が決勝のカギに

    侍Jが日韓戦に勝利 柳田、甲斐らソフトバンク勢の“勝負強さ”が決勝のカギに

    dot.

    8/4

  • WBC決勝はスター軍団同士の真の世界一決定戦! 日本が届かなかった頂上に立つのは?

    WBC決勝はスター軍団同士の真の世界一決定戦! 日本が届かなかった頂上に立つのは?

    dot.

    3/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す