今年の選抜は「プロ注目の好投手」が超豊富、過去と比べても“最高レベル”? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今年の選抜は「プロ注目の好投手」が超豊富、過去と比べても“最高レベル”?

西尾典文dot.
花巻東時代の大谷翔平 (c)朝日新聞社

花巻東時代の大谷翔平 (c)朝日新聞社

 3月19日に開幕する今年の選抜高校野球。「春はセンバツから」という言葉もあるように、ドラフト戦線もここから本格的に活発化していくが、今大会目立つのが出場する投手のレベルの高さである。ちなみに、過去10年間に選抜高校野球(中止となった昨年も含む)に出場した3年生投手で、その年のドラフト指名を受けた選手を並べてみたところ、以下のような顔ぶれとなった。

■2011年:2人

釜田佳直(金沢→楽天2位)、松田遼馬(波佐見→阪神5位)
※三好匠(九州国際大付→楽天3位)は野手としてプロ入り。

■2012年:5人

藤浪晋太郎(大阪桐蔭→阪神1位)、大谷翔平(花巻東→日本ハム1位)、浜田達郎(愛工大名電→中日2位)、大塚尚仁(九州学院→楽天3位)、田原啓吾(横浜→巨人育成1位)
※柿沢貴裕(神村学園→楽天6位)は野手としてプロ入り。

■2013年:2人

・児山祐斗(関西→ヤクルト5位)、岸本淳希(敦賀気比→中日育成1位)

■2014年:1人

・飯塚悟史(日本文理→DeNA7位)

■2015年:3人

■高橋純平(県岐阜商→ソフトバンク1位)、高橋奎二(龍谷大平安→ヤクルト3位)、佐藤世那(仙台育英→オリックス6位)
※平沼翔太(敦賀気比→日本ハム4位)は野手としてプロ入り。

■2016年:6人

・高橋昂也(花咲徳栄→広島2位)、高山優希(大阪桐蔭→日本ハム5位)、高田萌生(創志学園→巨人5位)、藤嶋健人(東邦→中日5位)、山崎颯一郎(敦賀気比→オリックス6位)、堀岡隼人(青森山田→巨人育成7位)

■2017年:4人

・山口翔(熊本工→広島2位)、金久保優斗(東海大市原望洋→ヤクルト5位)、桜井周斗(日大三→DeNA5位)、田浦文丸(秀岳館→ソフトバンク5位)
※難波侑平(創志学園→日本ハム4位)は野手としてプロ入り。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい