かわいくて何が悪い? 「アイドル女子レスラー」が僕らは大好きだった! (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

かわいくて何が悪い? 「アイドル女子レスラー」が僕らは大好きだった!

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.sportsdot.
キューティー鈴木 (C)朝日新聞社

キューティー鈴木 (C)朝日新聞社

「アイドル」から「かわいすぎる」へ。

 どの競技でもルックスに秀でたアスリートを安易に呼ぶのは、時代が令和になっても変わらない。ハラスメントに近い見方であるが、とくに女子プロレスラーの場合はコスチュームが水着に近いため、その度合いが高まってしまう。「アイドルレスラー」の存在は賛否両論だ。

【写真】ダイエットに成功して美しくなった女子レスラーといえばこの人

 しかし、その存在が業界を盛り上げてきたことも事実。名レスラーも発掘され、現在は米国WWEでASUKAが活躍するなど、日本人女子選手の知名度、評価は世界的にみて飛躍的に上がった。そんな今だからこそ原点回帰、過去の「アイドルレスラー」たちを振りかえってみたい。

 先駆け的な存在は『ジャンピング・ボム・エンジェルス』の山崎五紀、立野記代だ。若手時代はヒールファイトもおこなっていた山崎と、「女子プロレス界の聖子ちゃん」と呼ばれていた立野の全日本女子プロレス(全女)コンビ。社会現象となった人気タッグ、クラッシュ・ギャルズ(長与千種、ライオネス飛鳥)と同時期だったため日陰的な存在だった。しかしWWEやWCWなど海外マットも経験、いわばパイオニアともいえる。

 秋元康氏プロデュース、おニャン子クラブの2次オーディションまで進出したというルックスを持ち合わせていたのは、井上貴子。全女新人時代は立野記代の付き人をつとめていた。歌手デビュー、ヘアヌード写真集発売など、プロレス以外でも長年、多くの話題を提供し続けている。WWEのトライアウトを受けた経験もあり、プロレスに対する向上心はいまだ衰えない。

 体を張った戦いでファンを熱狂させたのは、工藤めぐみ。王道・全女でデビューしたのちに一時引退したが、大仁田厚が立ち上げたFMWで現役復帰しブレイクを果たした。同団体の名物デスマッチにも参加。電流爆破デスマッチなどもおこない「邪道姫」とも呼ばれた。専門誌『週刊プロレス』で女子プロ初の単独表紙を飾ったり、写真集発売など、リング外でも多くのネタを提供。プライベートではレスラー仲間のBADBOY非道と結婚したことも話題になった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい