羽生結弦の言う「壁」とは何なのか…究極の目標へ向けスタート切った男の決意

2019/10/29 16:00

 究極のフィギュアスケーターとは何か。その答えは、紅葉の美しいカナダ・ケロウナの地にあった。グランプリシリーズ第2戦スケートカナダ。男子で14年ソチ、18年平昌五輪連覇の羽生結弦(24=ANA)が世界最高得点に肉薄する合計322・59を披露し、頂点に立った。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す