現役医師の本音 なぜ医療に「奇跡が起きる」と期待してはいけないのか?

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

ヘルス

2019/10/11 07:00

 大きな病気、治らない病気にかかると、わずかな可能性を信じて治療したいと考える人は多いでしょう。医療に「奇跡が起きる」と期待することは、正しいことなのでしょうか? 好評発売中の『心にしみる皮膚の話』著者で、 京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師が自身の体験をもとに語ります。

あわせて読みたい

  • 東大より医学部人気 予備校に1千万円の医学部用コースも

    東大より医学部人気 予備校に1千万円の医学部用コースも

    AERA

    4/19

    受験生必読!全国82大学医学部受験ガイド/『医学部に入る2022』 9月24日発売

    受験生必読!全国82大学医学部受験ガイド/『医学部に入る2022』 9月24日発売

    9/24

  • サプリメントで認知症予防の時代が来る!? 帯津良一も実用化に注目
    筆者の顔写真

    帯津良一

    サプリメントで認知症予防の時代が来る!? 帯津良一も実用化に注目

    週刊朝日

    9/17

    偏差値38、文系卒だった会社員が29歳で国立大医学部へ 心臓外科医になるまでの半生

    偏差値38、文系卒だった会社員が29歳で国立大医学部へ 心臓外科医になるまでの半生

    dot.

    12/1

  • 8歳以上の犬の20%が軽度認知障害に… こんな行動をしたら要注意!

    8歳以上の犬の20%が軽度認知障害に… こんな行動をしたら要注意!

    dot.

    8/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す