大塚篤司

大塚篤司

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員、2017年京都大学医学部特定准教授を経て2021年より近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授。皮膚科専門医。アレルギー専門医。がん治療認定医。がん・アレルギーのわかりやすい解説をモットーとし、コラムニストとして医師・患者間の橋渡し活動を行っている。Twitterは@otsukaman
現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”
医療の誤情報はすぐに打ち消すことも可能に SNSで監視できる体制 大塚篤司医師が次に危惧することは?
医療の誤情報はすぐに打ち消すことも可能に SNSで監視できる体制 大塚篤司医師が次に危惧することは?
2018年から続いてきた近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師による「AERA dot.」連載もついに最終回。正しい医療情報をどう発信していくか、大塚医師が語ります。
医療情報
dot. 2/9
化粧品に使われる成分「レチノール」に、しわ・色素沈着を改善する効果 使う際は紫外線に注意【医師解説】
化粧品に使われる成分「レチノール」に、しわ・色素沈着を改善する効果 使う際は紫外線に注意【医師解説】
ビタミンAの一種である「レチノール」は、アンチエイジングに関して多くの研究が報告されているそうです。化粧品や医薬部外品にすでに使われている成分でもあります。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が解説します。
アンチエイジング化粧品しわ
dot. 1/19
「かゆみのない世界をはじめて経験した」患者も アトピー性皮膚炎の治療薬の進歩【近大・大塚医師が解説】
「かゆみのない世界をはじめて経験した」患者も アトピー性皮膚炎の治療薬の進歩【近大・大塚医師が解説】
アトピー性皮膚炎はかゆみをともなう湿疹がよくなったり、悪くなったりを繰り返す病気です。その治療薬が近年、劇的に進歩しているといいます。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が解説します。
アトピー性皮膚炎
dot. 12/29
DNAの年齢変化でわかる「生物学的年齢」とは? 【皮膚科医が解説】最新研究で老化加速・保護因子発見
DNAの年齢変化でわかる「生物学的年齢」とは? 【皮膚科医が解説】最新研究で老化加速・保護因子発見
「生物学的年齢」という言葉をご存じでしょうか。アンチエイジングの世界では、「エピジェネティクス」という観点から加齢を評価する研究が進んでおり、DNAの年齢の変化から「生物学的年齢」がわかるといいます。2023年に発表された研究論文では、顔の老化を促進する「加速因子」と、それを防ぐ「保護因子」が発見されたそうです。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が解説します。
アンチエイジングスキンケア
dot. 12/15
≪図解≫ほくろと皮膚のがんの見分け方「A B C D ルール」を医師がわかりやすく解説
≪図解≫ほくろと皮膚のがんの見分け方「A B C D ルール」を医師がわかりやすく解説
ほくろと思っていたら皮膚のがんだった――。皮膚のがんの一種「メラノーマ(悪性黒色腫)」は一見すると「ほくろ」のようにも見えます。では、ほくろと皮膚がんの違いはどこにあるのでしょうか。見た目で区別できる「ABCDルール」を紹介します。
ほくろ皮膚がん
dot. 12/6
美しい肌を保つために有効な手段「ピコレーザー治療」とは? 色素沈着の改善に効果【皮膚科医が解説】
美しい肌を保つために有効な手段「ピコレーザー治療」とは? 色素沈着の改善に効果【皮膚科医が解説】
アンチエイジングの領域で高い効果が期待されるピコレーザー。美容皮膚科で注目されているレーザー治療の一つです。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、その効果や注意点について解説します。
美肌アンチエイジング
dot. 12/1
肌のたるみ、しわ、しみの改善に有効な光治療「IPL」 効果と注意点は?【皮膚科医が解説】
肌のたるみ、しわ、しみの改善に有効な光治療「IPL」 効果と注意点は?【皮膚科医が解説】
アンチエイジングに有効な光治療の一つ、フォトフェイシャル(IPL)。肌のたるみやしわ、しみ、そして、赤みまで改善が期待できることから、近畿大学病院皮膚科の美容外来で最も人気のある光治療だそうです。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、その効果や注意点について解説します。
アンチエイジングしわしみたるみ
dot. 11/17
医師が注目するサプリメントは抗加齢効果が期待 世界市場12億円予想? 健康指標改善に寄与の可能性
医師が注目するサプリメントは抗加齢効果が期待 世界市場12億円予想? 健康指標改善に寄与の可能性
アンチエイジング効果が期待され、注目を浴びているサプリメントがあります。アメリカの食品医薬品局(FDA)で安全と認められた、ニコチンアミドモヌクレオチド(NMN)という成分です。2025年には世界市場が12億ドル規模に達すると予想されているそうです。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、そのサプリについて最新の研究結果をもとに解説します。
アンチエイジング
dot. 11/3
高濃度水素水を飲めば老化防止効果あり? 普通の水と比較した海外研究で可能性示唆 医師が解説
高濃度水素水を飲めば老化防止効果あり? 普通の水と比較した海外研究で可能性示唆 医師が解説
水素が豊富に含まれた水はアンチエイジングに効果があるといわれており、さまざまな研究がおこなわれています。最近の研究で、老化防止に寄与するという結果が出てきたといいます。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、最新の研究結果をもとに解説します。
dot. 10/20
地中海食は「遺伝子の若さ」に関係 1年間取り入れた高齢者の生物学的な年齢が若返った研究も 医師が解説
地中海食は「遺伝子の若さ」に関係 1年間取り入れた高齢者の生物学的な年齢が若返った研究も 医師が解説
イタリア、ギリシャ、スペインなどの地中海沿岸の国々で長年食べられている地中海食は、健康にいい食事とされてきましたが、健康だけでなく「若さ」にも関係しているという研究結果が出てきました。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、最新の研究結果をもとに解説します。
地中海食アンチエイジング
dot. 10/6
1 2 3 4 5
この話題を考える
あの日を忘れない
あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

この話題の記事をすべて見る
  • 女優・松下由樹、「心の底から声を出して涙流すぐらい、笑うってすごく解放される」
    女優・松下由樹、「心の底から声を出して涙流すぐらい、笑うってすごく解放される」
    AERA 5/19
    LiLiCoさんが語る仕事と子ども、不妊治療のこと。ワーママが増える時代に「産まなかった私が思うこと」
    LiLiCoさんが語る仕事と子ども、不妊治療のこと。ワーママが増える時代に「産まなかった私が思うこと」
    AERA 5/14
    相武紗季「30代が一番私らしい」 “正統派”イメージに縛られていたときは「自分をキラキラに見せたかった」
    相武紗季「30代が一番私らしい」 “正統派”イメージに縛られていたときは「自分をキラキラに見せたかった」
    dot. 5/11
    2児の母「相武紗季」が語る“夫婦円満”の秘訣 「主人には家の中でも働きまくってもらっています(笑)」
    2児の母「相武紗季」が語る“夫婦円満”の秘訣 「主人には家の中でも働きまくってもらっています(笑)」
    dot. 5/11
カテゴリから探す
ニュース
〈富士山の「予約」システムがスタート〉開山前に「富士山」の山小屋はすでに“ほぼ満室” 徹夜で山頂を目指す「弾丸登山」で遭難者急増の可能性も
〈富士山の「予約」システムがスタート〉開山前に「富士山」の山小屋はすでに“ほぼ満室” 徹夜で山頂を目指す「弾丸登山」で遭難者急増の可能性も
富士山
dot. 2時間前
教育
ギャル曽根が語る“9歳年上の夫”との円満の秘訣 「絶対にしない」と約束していることとは?
ギャル曽根が語る“9歳年上の夫”との円満の秘訣 「絶対にしない」と約束していることとは?
ギャル曽根
AERA with Kids+ 3時間前
エンタメ
〈「マツケンサンバII」振り付け真島茂樹さん急死〉実は絶妙な演出だった紅白のマツケンサンバ 日本にはこのサンバが必要だった!
〈「マツケンサンバII」振り付け真島茂樹さん急死〉実は絶妙な演出だった紅白のマツケンサンバ 日本にはこのサンバが必要だった!
マツケンサンバ
dot. 1時間前
スポーツ
伸び悩む中日・根尾に他球団からトレード打診も?「野手でもう一度育てたい」の声
伸び悩む中日・根尾に他球団からトレード打診も?「野手でもう一度育てたい」の声
根尾昂
dot. 3時間前
ヘルス
〈性とカラダSP〉「不妊治療の弱音を吐けない」男性の孤独 親や親友、妻にすら本音で相談できない
〈性とカラダSP〉「不妊治療の弱音を吐けない」男性の孤独 親や親友、妻にすら本音で相談できない
不妊治療
dot. 5/20
ビジネス
「ウーバーイーツと連携強化 欠品対策と品目増でより便利に」ローソン社長・竹増貞信
「ウーバーイーツと連携強化 欠品対策と品目増でより便利に」ローソン社長・竹増貞信
竹増貞信
AERA 5/20