感染症医が教える「甘、辛、塩、苦」の四味に「うまみ」をもたらした「味の素」

ワインは毒か、それとも薬か

ヘルス

2019/05/07 07:00

 感染症は微生物が起こす病気である。そして、ワインや日本酒などのアルコールは、微生物が発酵によって作り出す飲み物である。両者の共通項は、とても多いのだ。感染症を専門とする医師であり、健康に関するプロであると同時に、日本ソムリエ協会認定のシニア・ワイン・エキスパートでもある岩田健太郎先生が「ワインと健康の関係」について解説したこの連載が本になりました!『ワインは毒か、薬か。』(朝日新聞出版)カバーは『もやしもん』で大人気の漫画家、石川雅之先生の書き下ろしで、4Pの漫画も収録しています。

あわせて読みたい

  • 化学調味料が「体に悪い」は間違い! 医師が指摘する“添加物リスク”の受け止め方
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    化学調味料が「体に悪い」は間違い! 医師が指摘する“添加物リスク”の受け止め方

    週刊朝日

    2/26

    なぜみそ汁は沸騰させてはダメなのか? 意外と知らない基本を発酵食のプロに聞いた

    なぜみそ汁は沸騰させてはダメなのか? 意外と知らない基本を発酵食のプロに聞いた

    dot.

    11/21

  • テイスティングに困らない!? 「香り」と「味覚」でワインの楽しみ方が倍増する方法
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    テイスティングに困らない!? 「香り」と「味覚」でワインの楽しみ方が倍増する方法

    週刊朝日

    3/5

    和食の基本 日本のだし文化が世界に広がりつつある?

    和食の基本 日本のだし文化が世界に広がりつつある?

    BOOKSTAND

    10/31

  • いつもとちょっと違う驚きを!昆布をきちんと使ってみよう

    いつもとちょっと違う驚きを!昆布をきちんと使ってみよう

    tenki.jp

    7/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す