必ずマウンドに戻る…和田毅、「復活の日」へ前進する日々【喜瀬雅則】 (4/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

必ずマウンドに戻る…和田毅、「復活の日」へ前進する日々【喜瀬雅則】

このエントリーをはてなブックマークに追加
喜瀬雅則dot.
ランニングの間に、コーチらと話すソフトバンク・和田(写真提供・喜瀬雅則)

ランニングの間に、コーチらと話すソフトバンク・和田(写真提供・喜瀬雅則)

 重ねた薄皮は、その厚さも、硬さも、着実に増している。あとは、うっかりと、これを破ってしまわないことだけだ。その繊細な感覚を失わなければ、和田毅は必ず、マウンドに、戻ることができるだろう。

「開幕に合わせるより、万全で上(1軍)に戻りたいです。日々、一日一日ずつ、ベストの調整とトレーニングをしていきます。開幕を目標にはしていません。そこで100にしようとすると、焦りが出ますから」

 東浜巨、千賀滉大、リック・バンデンハーク、武田翔太、中田賢一、左腕でも早大の後輩でもある大竹耕太郎、アリエル・ミランダら、ソフトバンクの先発ローテーション争いは、相変わらず激戦だ。しかし、ライバルたちの動向をよそに、和田毅は自らの体と心と向き合い、対話をしながら『復活の日』へ向かって、一歩ずつ、着実に、その歩みを続けている。もう、あと少しのところだ。(文・喜瀬雅則)

●プロフィール
喜瀬雅則
1967年、神戸生まれの神戸育ち。関西学院大卒。サンケイスポーツ~産経新聞で野球担当22年。その間、阪神、近鉄、オリックス、中日、ソフトバンク、アマ野球の担当を歴任。産経夕刊の連載「独立リーグの現状」で2011年度ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。2016年1月、独立L高知のユニークな球団戦略を描いた初著書「牛を飼う球団」(小学館)出版。産経新聞社退社後の2017年8月からフリーのスポーツライターとして野球取材をメーンに活動中。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい