箱根駅伝「平成最強」の大学は? 青学大、駒沢大、早稲田大…独自ランキング! (2/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

箱根駅伝「平成最強」の大学は? 青学大、駒沢大、早稲田大…独自ランキング!

このエントリーをはてなブックマークに追加
小林哲夫dot.#箱根駅伝
箱根駅伝2018年大会で4連覇した青山学院大(c)朝日新聞社

箱根駅伝2018年大会で4連覇した青山学院大(c)朝日新聞社

1990(平成2)年から2018(平成30)年まで、各大会トップ10の順位を点数化して集計(1位=10点、2位=9点、3位8点……9位2点、10位1点)※編集部調べ

1990(平成2)年から2018(平成30)年まで、各大会トップ10の順位を点数化して集計(1位=10点、2位=9点、3位8点……9位2点、10位1点)※編集部調べ

 4位順天堂大は優勝3回(1999、2001、2007年)、2位2回。通算で優勝11回を数える。21世紀最初の箱根駅伝ではライバル駒澤大とデッドヒートを繰り広げ、復路9区で逆転されたが、最終10区で抜き返した勝負はいまでも語り草になっている。2005年には往路の山登りの5区で今井正人選手が11人抜きの快走を見せ、初代“山の神”と言われた。2010、2011年は出場できず、平成後期は好不調の波が激しい。2018年は14秒差でシード権(10位以内)に届かず、その雪辱を今回の予選会2位通過で果たして、8年連続60回目の出場を勝ち取った。

 5位山梨学院大は優勝3回(1992、1994、1995年)、2位5回など。1985年に創部し、1987年から33年連続33回目の出場となる。平成初期の常勝チームで、92年はケニア出身のオツオリ選手が圧倒的な強さを見せ、94年にはマヤカ選手が快走し、それぞれ優勝をもたらした。この2人は箱根駅伝を語るときに今も名前が出るほどインパクトがあった。オツオリ選手は2006年に事故死、マヤカ選手(現・真也加ステファン氏)は2013年に桜美林大陸上競技部駅伝監督に就任し、箱根駅伝出場をめざしている。

 6位東洋大は優勝4回(2009、2010、2012、2014年)、2位5回など。平成後期になって上位常連校となった。今大会まで13年連続シード権を獲得している。前回2018年大会では往路1位となっており、青山学院大の5連覇を阻む最有力校と目される。2012年、2014年の優勝メンバーだった設楽悠太選手は、2018年、東京マラソンで日本記録を更新し報奨金1億円を受けている。初優勝は、2代目“山の神”柏原竜二選手を擁して挑んだ2009年。柏原選手は福島県いわき市出身。2012年の優勝時のインタビューで、東日本大震災の被災者に思いを寄せ、「僕が苦しいのは、たった1時間ちょっと。福島の人たちに比べたら、全然きつくなかったです」と答えていた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい