「箱根駅伝」に関する記事一覧

箱根とは“相性悪”の選手も、大学駅伝では伸び悩んだランナーたち 次のステージの飛躍に期待
箱根とは“相性悪”の選手も、大学駅伝では伸び悩んだランナーたち 次のステージの飛躍に期待

記念すべき第100回目の箱根駅伝は、青山学院大の2年ぶり7度目の総合優勝で幕を閉じた。3区・太田蒼生(2年)の区間賞の走りが大会のハイライトと言えたが、4区で区間賞の佐藤一世、7区で区間3位の山内健登、9区で区間賞の倉本玄太の最上級生3人の“有終の走り”も光った。だが、他大学の4年生ランナーを見ると「苦しい箱根」になった者も多い。

dot.
箱根駅伝「今年は未出場」で次回に注目したい大学は? “上位進出”予感させるチームも
dot.sports dot.sports
箱根駅伝「今年は未出場」で次回に注目したい大学は? “上位進出”予感させるチームも
第100回記念大会となった2024年の箱根駅伝は、青山学院大が2年連続の三冠を狙った駒澤大を破り、2年ぶり7度目の総合優勝を飾った。次回大会も“青学vs駒澤”の2強対決が予想される中、他大学も上位進出へ意欲満々。そして今年の箱根不出場の大学の中にも、来春の第101回の大会で「躍進」できるチームがあるはずだ。
箱根駅伝大学駅伝
dot. 1/17
箱根3区で「流れ」作った青学 選手の重圧やわらげた原晋監督の一言とは
箱根3区で「流れ」作った青学 選手の重圧やわらげた原晋監督の一言とは
100回目を迎えた箱根駅伝。出雲、全日本を制し史上初の2季連続大学駅伝3冠を目指した駒澤大学をおさえ、青山学院大学が2年ぶり7度目の総合優勝を果たした。AERA2024年1月15日号より。
箱根駅伝
AERA 1/10
箱根駅伝、次回も青山学院、駒澤が中心か “2強”に割って入るのは?中央の巻き返しにも期待  
dot.sports dot.sports
箱根駅伝、次回も青山学院、駒澤が中心か “2強”に割って入るのは?中央の巻き返しにも期待  
第100回目の記念大会となった箱根駅伝を制したのは、青山学院大だった。史上初の2年連続の3冠達成を目前にした“大本命”駒澤大を「力」で上回り、終わってみれば大会新記録で2年ぶり7度目の総合優勝を飾った。改めて箱根の“    難しさ”と“面白さ”を感じた中で、気は早いが現時点での次回大会の勢力図を予測したい。
箱根駅伝第101回大会
dot. 1/4
箱根駅伝、1年時に“怪物級”の快走も…大成できなかった「天才ランナー」たち
久保田龍雄 久保田龍雄
箱根駅伝、1年時に“怪物級”の快走も…大成できなかった「天才ランナー」たち
箱根駅伝は、1年生の活躍も見どころのひとつ。1年時の快走をステップに最強ランナーになった者も多いが、その一方で、1年時を上回る成績を挙げられずに終わった選手もいる。
箱根駅伝天才ランナー
dot. 1/1
箱根駅伝で惜しくも三冠達成に“失敗”した学校は? まさかの“シード落ち”、伝説的な追い上げも
久保田龍雄 久保田龍雄
箱根駅伝で惜しくも三冠達成に“失敗”した学校は? まさかの“シード落ち”、伝説的な追い上げも
駒澤大の史上初の2年連続三冠なるかが注目される第100回箱根駅伝。単年度の三冠も、これまで大東文化大、順天堂大、早稲田大、青山学院大、駒大の5校しか達成していないが、過去には出雲、全日本の二冠を制しながら、最後の箱根で惜しくも快挙を逃したチームも存在した。
箱根駅伝
dot. 12/31
箱根駅伝、今回の「2区」&「5区」も面白い! エース区間の争いは? 新たな“山の神”誕生も
dot.sports dot.sports
箱根駅伝、今回の「2区」&「5区」も面白い! エース区間の争いは? 新たな“山の神”誕生も
新春の箱根駅伝の号砲が刻、一刻と近づいてきている。大きな注目点としては、史上初の2年連続三冠達成に王手をかけている駒澤大を“止められるか”になるが、その中で「花の2区」と「山登りの5区」の注目区間に絞って、展望を予想したい。
箱根駅伝花の2区山の神
dot. 12/26
青学大や東洋大のエース候補は伸び悩みも…箱根で快走に期待、大学駅伝で“くすぶる逸材”たち
dot.sports dot.sports
青学大や東洋大のエース候補は伸び悩みも…箱根で快走に期待、大学駅伝で“くすぶる逸材”たち
大学駅伝は10月9日の出雲駅伝、11月5日の全日本大学駅伝を終え、いよいよ年明けの箱根駅伝(1月2日、3日)へと向かう。史上初となる駒澤大の2年連続の三冠達成が注目されているが、今回は選手個人にスポットライトを当て、優れた素質を持ちながらも大学駅伝では思うような走りができていない選手たち、“くすぶる”ランナーたちを取り上げたい。
箱根駅伝大学駅伝注目ランナー
dot. 12/5
駒澤大、青学大にも注目選手! 箱根駅伝で“衝撃デビュー”期待したい「1年生ランナー」たち
dot.sports dot.sports
駒澤大、青学大にも注目選手! 箱根駅伝で“衝撃デビュー”期待したい「1年生ランナー」たち
今年も熱戦が繰り広げられている大学駅伝。10月9日の出雲、11月5日の全日本を終え、いよいよ年明けの1月2、3日の箱根駅伝へと向かう。駒澤大が史上初となる2年連続での大学駅伝三冠達成にリーチをかけているが、その他にも見どころタップリ。今回は箱根デビューが期待される1年生ランナーに注目したい。
箱根駅伝1年生ランナー
dot. 11/29
“絶対王者”駒大が2年連続三冠に王手!箱根はどうなる? 2番手争いが“激化”の予感
dot.sports dot.sports
“絶対王者”駒大が2年連続三冠に王手!箱根はどうなる? 2番手争いが“激化”の予感
11月5日に行われた全日本大学駅伝で、駒澤大が1区から一度もトップを譲らない完全優勝で4連覇を達成した。これで10月の出雲駅伝に続いての優勝となり三冠に王手。駒澤大は昨季、史上5校目の大学駅伝三冠を成し遂げており、2年連続の三冠となれば史上初の偉業となる。残すは箱根駅伝(2024年1月2、3日)のみ。果たして絶対王者を阻止する大学は現れるのか。
大学駅伝駒澤大学箱根駅伝
dot. 11/6
参加枠「全国」の第100回箱根駅伝、地方大は本戦出場ならず 「恒久的に全国化」の声も
川口穣 川口穣
参加枠「全国」の第100回箱根駅伝、地方大は本戦出場ならず 「恒久的に全国化」の声も
2024年1月2、3日に開催される箱根駅伝の予選会が行われ、出場校が出揃った。今回に限り参加枠が全国に広げられたが、地方大学の予選突破はならなかった。AERA 2023年10月30日号より。
箱根駅伝
AERA 10/24
第100回箱根駅伝で「学生連合」が編成されないのは一体なぜか 「明らかな規約違反」と憤る選手も
米倉昭仁 米倉昭仁
第100回箱根駅伝で「学生連合」が編成されないのは一体なぜか 「明らかな規約違反」と憤る選手も
来年100回を迎える「箱根駅伝」。記念大会のため参加資格が広げられ、全国の大学が出場できる。大会を主催する関東学生陸上競技連盟(関東学連)は昨年6月、例年20校の出場枠を23校に拡大することに加え、予選会で敗退した大学の選手で構成されるオープン参加の「関東学生連合チームは編成しない」ことを発表した。ところが今、学生連合チームが編成されないことについて疑問の声が上がっている。東京大学と東京工業大学を中心とした8つの大学は関東学連の決定を覆すためのプロジェクトチームを今年春に結成し、関東学連との話し合いが続けられている。中心メンバーの一人である東京大学大学院生の古川大晃(ひろあき)さんに話を聞いた。
箱根駅伝学生連合
dot. 8/29
箱根駅伝「全国化」も地方大学は出場厳しい 1回限りでは埋められない関東勢との実力差
川口穣 川口穣
箱根駅伝「全国化」も地方大学は出場厳しい 1回限りでは埋められない関東勢との実力差
毎年1月2、3日に開催される東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)。関東学生陸上競技連盟(関東学連)が主催する関東の「地方大会」だが、全日本大学駅伝、出雲全日本大学選抜駅伝競走(出雲駅伝)と並ぶ大学3大駅伝に数えられる。そんな箱根駅伝は来年、100回を記念し、予選会の出場権が全国に拡大される。関東勢以外の大学の躍進は見られるのか。AERA 2023年2月6日号の記事を紹介する。
箱根駅伝
AERA 2/1
この話題を考える
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
50歳から早めの終活

50歳から早めの終活

人生100年時代、50歳はようやく折り返し地点といったところ。けれども、人生後半戦を安心して楽しむには、50歳から準備すべきことがたくさんあります。 老後資金はいくら必要か、年金はいくらもらえるか、お葬式やお墓はどうするか――。つい先送りしたくなる宿題への備えを取材しました。

5分でわかる! 新NISA

5分でわかる! 新NISA

2024年1月から大幅な制度拡充となったNISA。何から始めていいのかいまだに分からない人も多いのでは。新NISAは制度が恒久化するだけでなく非課税投資枠が拡大し、個人投資家にとって使い勝手がいい。すでに始めた人も、そうでない人も、いまいちど制度の内容を復習しよう。

新NISA
箱根駅伝なぜ全国化? 「100回を機に原点に立ち返りたい」関東学連会長の思い
川口穣 川口穣
箱根駅伝なぜ全国化? 「100回を機に原点に立ち返りたい」関東学連会長の思い
正月を代表する人気イベントである箱根駅伝。関東の「地方大会」だが、来年は100回大会を記念し、予選会の出場権が全国に拡大される。どのようなねらいがあるのだろうか。AERA 2023年2月6日号の記事を紹介する。
箱根駅伝
AERA 1/31
箱根駅伝で失速の原因は血糖値の乱高下を起こした可能性 食事法の影響も
井上有紀子 井上有紀子
箱根駅伝で失速の原因は血糖値の乱高下を起こした可能性 食事法の影響も
正月名物の箱根駅伝では、山登り区間などレース途中で失速する選手が見られる。万全な体調で臨んだ選手たちに何が起こったのか。原因は何か。専門家に聞いた。AERA 2023年1月30日号より紹介する。
箱根駅伝
AERA 1/28
箱根駅伝2023・エントリー選手の出身高校ランキング 全国高校駅伝“優勝常連”の1位、2位校は?
箱根駅伝2023・エントリー選手の出身高校ランキング 全国高校駅伝“優勝常連”の1位、2位校は?
箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)の季節がやってきた。今回はどんなドラマが待っているのだろうか。エントリー選手には高校時代からすばらしい走力を発揮していた者もいれば、高校時代は無名だったが大学に入ってぐんぐん実力をつけた者もいる。エントリー選手の出身校を調べてみた。
箱根駅伝
dot. 1/1
箱根駅伝55年ぶり出場の立教大 自ら走る「日本一速い監督」の指導方法とは
箱根駅伝55年ぶり出場の立教大 自ら走る「日本一速い監督」の指導方法とは
箱根駅伝に55年ぶりに出場する立教大。創立150周年となる2024年の出場を目指し、18年に監督に就任した上野裕一郎監督(37)の指導で、1年早い目標達成となった。指導法や目標などについて監督に話を聞いた。
箱根駅伝
週刊朝日 1/1
箱根駅伝、次なる「初出場校」はどこか? 「関東学生連合」から読み解く実力派大学
箱根駅伝、次なる「初出場校」はどこか? 「関東学生連合」から読み解く実力派大学
箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)には、関東学生連合というチームが参加する。同チームは79回大会(2003年)で「関東学連選抜チーム」として初めて出場した。箱根駅伝に出場できなかった大学において個人で好成績をおさめた選手に出場機会を作るためだったが、関東学連選抜チームは順位がつかないオープン参加として箱根を走った。83回(07年)から89回(13年)までは正式参加となってチーム順位がつく。
箱根駅伝
dot. 12/31
55年ぶり箱根駅伝出場の立教大、かつては「スポーツ最強大学」だった 全盛期の“大学日本一”列伝
55年ぶり箱根駅伝出場の立教大、かつては「スポーツ最強大学」だった 全盛期の“大学日本一”列伝
2023年、立教大にとっては55年ぶりの快挙となる箱根駅伝出場が控える。大学はおおいに盛り上がっている。大学をあげて箱根駅伝出場をバックアップしたからだ。
立教箱根駅伝
dot. 12/30
1 2 3
カテゴリから探す
ニュース
天皇陛下64歳に 「陛下のアドリブに雅子さまのツッコミ!」 令和皇室の現場にユーモアと笑いが絶えない理由
天皇陛下64歳に 「陛下のアドリブに雅子さまのツッコミ!」 令和皇室の現場にユーモアと笑いが絶えない理由
天皇陛下
dot. 1時間前
教育
織田信長と明智光秀が、史上最恐の凶行「延暦寺焼き討ち」の経緯明かす?武田信玄も登場【戦国時代のタイムライン】
織田信長と明智光秀が、史上最恐の凶行「延暦寺焼き討ち」の経緯明かす?武田信玄も登場【戦国時代のタイムライン】
朝日新聞出版の本
dot. 1時間前
エンタメ
【ゲッターズ飯田が教える】お金持ちが自然とやっている、3つの振る舞いとは
【ゲッターズ飯田が教える】お金持ちが自然とやっている、3つの振る舞いとは
ゲッターズ飯田
dot. 1時間前
スポーツ
「完封は相手に失礼」という“謎マナー”を日本卓球協会が「バカらしい」と一刀両断 
「完封は相手に失礼」という“謎マナー”を日本卓球協会が「バカらしい」と一刀両断 
平野美宇
dot. 1時間前
ヘルス
【関節リウマチ】悪化させないための生活習慣は? 医師解説 カフェイン過剰摂取は薬の作用を弱める
【関節リウマチ】悪化させないための生活習慣は? 医師解説 カフェイン過剰摂取は薬の作用を弱める
関節リウマチ
dot. 2/21
ビジネス
〈テレ東モーニングサテライト出演きょう〉ハーバード大卒のパックンが「今すぐ捨て去るべき」と断言する、日本人特有のお金の感覚とは?
〈テレ東モーニングサテライト出演きょう〉ハーバード大卒のパックンが「今すぐ捨て去るべき」と断言する、日本人特有のお金の感覚とは?
お金
dot. 6時間前