「1勝14敗」なのに来季の年俸26億円超…高騰するメジャー年俸は“マエケン型”が理想

2018/11/12 16:00

 近年メジャーリーガーたちの年俸が高騰し、日本では考えられないような高額な報酬を受け取る選手が出てきている。年俸の上昇は、試合の放映権収入が増えたことが主な要因で、それに伴い選手たちへの待遇が上がることは問題ない。だが、そのかたわらで長期の大型契約を結んだ選手が“不良債権化”し、チームの強化プランに大きな悪影響を与えていることは決して見逃せないだろう。

あわせて読みたい

  • 田中将大、行くときは最高で戻る時は最悪だった「移籍のタイミング」

    田中将大、行くときは最高で戻る時は最悪だった「移籍のタイミング」

    dot.

    1/30

    300億円が“ムダ”のケースも… メジャーの長期契約は「アラサー」から「若手」に?

    300億円が“ムダ”のケースも… メジャーの長期契約は「アラサー」から「若手」に?

    dot.

    9/23

  • ヒット1本3億円超も…元巨人ゲレーロらの失敗で“キューバ選手バブル”崩壊

    ヒット1本3億円超も…元巨人ゲレーロらの失敗で“キューバ選手バブル”崩壊

    dot.

    5/8

    「デビュー前の若手」に6年48億円 MLBで“究極の先物買い”はなぜ起こる?

    「デビュー前の若手」に6年48億円 MLBで“究極の先物買い”はなぜ起こる?

    dot.

    4/25

  • 大谷翔平が二刀流出場で8勝目&40号!現地メディアの年俸予想が過熱

    大谷翔平が二刀流出場で8勝目&40号!現地メディアの年俸予想が過熱

    dot.

    8/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す