ソフトバンク、主力選手が高齢化…内川と松田の後釜をドラフトでどう補強するか?【西尾典文】 (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ソフトバンク、主力選手が高齢化…内川と松田の後釜をドラフトでどう補強するか?【西尾典文】

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
東洋大・甲斐野央 (c)朝日新聞社

東洋大・甲斐野央 (c)朝日新聞社

・ソフトバンクおすすめ指名選手
1位:甲斐野央(東洋大・投手)
2位:野村佑希(花咲徳栄・三塁手兼外野手)
3位:富山凌雅(トヨタ自動車・投手)
4位:岩城駿也(九州産業大・三塁手)
5位:白銀滉大(駒沢大・投手)

 1位の甲斐野は大学球界屈指の本格派右腕。下級生の頃はなかなか結果を残せなかったが、昨年秋にリリーフに専念するようになって才能が大きく開花した。登板する度にスピードは楽に150キロを超え、好調時はストレートだけで打者を圧倒できるスケールがある。140キロを超えるスピードで鋭く落ちるフォークボールも決め球として有効で、リリーフの補強にはうってつけの人材と言える。課題はスタミナ。まだまだ調子にむらがあり、意外にすんなりと3人で抑えるケースは多くない。プロの長いシーズンを戦うために、しっかり体力面を強化できるかがポイントとなるだろう。

 5位の白銀もリリーフタイプの投手。昨年秋までは二部リーグでプレーしていたこともあって知名度は高くないが、少し変則的なサイドスローから投げ込む145キロを超えるストレートは勢いがある。腕を振って投げられるスライダーは打者の手元で鋭く変化し、対になるシンカーも操る。課題はアバウトなコントロール。ボールが先行して四死球で走者を出し、ストライクをとりにいったボールを痛打される場面も目立つ。確実にカウントを稼げる変化球を身につけたいところだ。

 全体的にサウスポー不足も目立つため3位では社会人から富山を指名した。ストレートは140キロ台前半と凄みはないものの、小さなテイクバックでうまくボールの出どころを隠したフォームで数字以上に打者は差し込まれることが多い。緩いカーブで緩急をつけ、左右の揺さぶりで勝負するピッチングが持ち味だ。層の厚いトヨタ自動車の投手陣の中で高校卒2年目から台頭し、昨年秋の日本選手権では優勝にも大きく貢献して優秀選手にも選ばれている。もう少しストレートに力が出てくれば先発で試したい投手だ。

 2位の野村と4位の岩城はともに右の強打者タイプで、内川と松田の後釜として獲得したい選手。野村は今年の高校生では一番のスラッガーの素材。スイングに強さと柔らかさがあり、バットに乗せるようにしてボールを遠くまで飛ばすことができるのが特長だ。構えとタイミングの取り方がよく変わり、まだ形が定まっていないようには見えるが、それだけバッティングに対してよく考えているようにも見える。昨年夏、今年夏と甲子園で通算4本塁打を放っているように大舞台で力を十分に発揮できるのもプロ向きと言えるだろう。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい