難治がん記者が身につまされた翁長・前沖縄県知事の妻への言葉

書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者

がん

2018/09/08 16:00

 うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は、膵臓(すいぞう)がんで8月に亡くなった翁長前沖縄県知事と、基地問題について。

あわせて読みたい

  • 翁長沖縄県知事が死去 安倍政権との戦いで満身創痍 知事選前倒しへ

    翁長沖縄県知事が死去 安倍政権との戦いで満身創痍 知事選前倒しへ

    AERA

    8/8

    【追悼】沖縄・翁長雄志知事が闘ってきた相手の「本当の正体」

    【追悼】沖縄・翁長雄志知事が闘ってきた相手の「本当の正体」

    AERA

    8/21

  • 「病気になって初めて自分を許した」妻が語る翁長前知事の素顔

    「病気になって初めて自分を許した」妻が語る翁長前知事の素顔

    AERA

    10/17

    翁長沖縄知事を「変節」させたガンという病

    翁長沖縄知事を「変節」させたガンという病

    dot.

    8/9

  • 沖縄県知事選の潮目を変えた…翁長前知事・妻の「涙の訴え」

    沖縄県知事選の潮目を変えた…翁長前知事・妻の「涙の訴え」

    AERA

    10/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す