評論家・中野剛志「リストの闘争とわたし」

朝日新聞出版の本

2017/11/01 17:00

 歴史の風雪に耐えて残った古典というものが多感な若者に与える影響たるや、魔法と言っても過言ではない。わたしの場合は、二十代前半の頃に出会った『政治経済学の国民的体系』(1841)によって、その後の人生を決められたも同然であった。

あわせて読みたい

  • 終戦記念日だからこそ考えたい「ナショナリズム」の意味

    終戦記念日だからこそ考えたい「ナショナリズム」の意味

    BOOKSTAND

    8/15

    田原総一朗 日本で“社民党”が誕生しない理由
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗 日本で“社民党”が誕生しない理由

    週刊朝日

    6/25

  • ポストグローバルは「物々交換」経済?

    ポストグローバルは「物々交換」経済?

    週刊朝日

    7/24

    再注目される経済学の「隠れた巨人」 市場原理主義の欠陥を指摘

    再注目される経済学の「隠れた巨人」 市場原理主義の欠陥を指摘

    週刊朝日

    12/20

  • 津田大介「二極化が進むネット言論の規制」
    筆者の顔写真

    津田大介

    津田大介「二極化が進むネット言論の規制」

    週刊朝日

    8/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す