清少納言は28歳バツイチの自慢大好きブロガー!? 『枕草子』に秘められた“たくらみ”とは

朝日新聞出版の本

2017/09/23 16:00

 自慢話ばかりで意地悪、気が強くて口が悪い。そんなイメージで語られることが多い清少納言。なるほど『枕草子』の筆致を辿ると、「彼氏が元カノの話をするなんてムカつく!」「不細工な僧侶の話は聞く気にもならない」など、言いたい放題に筆を走らせている気楽な日記に見えるかもしれない。

あわせて読みたい

  • 紫式部が「嘘っぱち!」と酷評した『枕草子』、清少納言はなぜキラキラした生活だけを描いたか

    紫式部が「嘘っぱち!」と酷評した『枕草子』、清少納言はなぜキラキラした生活だけを描いたか

    dot.

    9/23

    雪を愛でて楽しむ~平安文学に見られる雪~(後編)

    雪を愛でて楽しむ~平安文学に見られる雪~(後編)

    tenki.jp

    1/24

  • 4月号京都学園大学人文学部教授 山本淳子 Yamamoto Junko政敵の書、『枕草子』が生き延びた理由

    4月号京都学園大学人文学部教授 山本淳子 Yamamoto Junko政敵の書、『枕草子』が生き延びた理由

    4/4

    『枕草子のたくらみ「春はあけぼの」に秘められた思い』

    『枕草子のたくらみ「春はあけぼの」に秘められた思い』

    週刊朝日

    10/5

  • 砂子のなかより青き草

    砂子のなかより青き草

    週刊朝日

    7/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す