どうでもいい人にしか好かれない女=“どう女”から脱却する方法 (2/5) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

どうでもいい人にしか好かれない女=“どう女”から脱却する方法

dot.
“どう女”脱却への道(※写真はイメージ)

“どう女”脱却への道(※写真はイメージ)

 つまり、相手にとってどうでもいいビジュアルのままでは、いくら熱心に話しかけようと相手をほめちぎろうと、「なぜか自分を気に入ってくれている人」で終わってしまうのです。

 ただ、そんなあなたのファッションやメークや雰囲気を「好み」と感じる男性も中にはいるわけで、意図しなかった相手にヒットしてしまうことも当然あります。結果、「好みの人からは好かれず、どうでもいい人にしか好かれない」という状況を招いてしまうのです。

【原因2】どうでもいい人の前でだけ自然体

 もうひとつの原因は、多くの女性が、「好みの男性を前にすると自然体で話せない!」ことです。

 好きだから意識して言葉がうまく出てこない。緊張して挙動不審になってしまう。こういった傾向は男女問わずあるものですよね。

 しかし、女性に特有なのは、この先です。女性は、異性として意識していない相手には、リラックスして自分のことをどんどん話してしまうのです! これが、「もしかして自分に気があるのでは?」と、相手の男性を大きく誤解させる一因です。
なぜどんどん自分のことを話せるのか? それは、どう思われてもかまわないから。一方、好みの男性や好きな男性には、どう思われるか不安。嫌われるのが怖い。だから、うかつに自分のことなんて話せないし、自分のこと以外もうまく話せない。

 リラックスして表情豊かに自分のことを話してくれる女性と、遠慮しがちで自分のことを話さず表情もこわばった女性。どちらが男性に「もしや」と期待させるかといったら、間違いなく前者ですよね。

「あんなに自分のこと話してくれるってことは、少なくとも嫌われてはいないよな」「というか脈ありかも?」と男性は無意識に解釈するわけです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい