山本佳奈

山本佳奈(やまもと・かな)/1989年生まれ。滋賀県出身。医師。医学博士。2015年滋賀医科大学医学部医学科卒業。2022年東京大学大学院医学系研究科修了。ナビタスクリニック(立川)内科医、よしのぶクリニック(鹿児島)非常勤医師、特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所研究員。著書に『貧血大国・日本』(光文社新書)

  • 世界各国が新型コロナの検証作業に いまこそ感染対策の練り直しが必要

    世界各国が新型コロナの検証作業に いまこそ感染対策の練り直しが必要

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「新型コロナウィルスの抗体検査の有用性」について、NPO法人医療

    dot.

    5/6

  • 長引く外出自粛が私たちの心身に与えるこれだけの悪影響

    長引く外出自粛が私たちの心身に与えるこれだけの悪影響

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「外出自粛による心身への影響」について、NPO法人医療ガバナンス

    dot.

    4/22

  • 想像以上の倦怠感にまさかコロナ? 実は尿路感染症で女医が気を付けたいと思ったことは?

    想像以上の倦怠感にまさかコロナ? 実は尿路感染症で女医が気を付けたいと思ったことは?

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「女性は特に気を付けたい尿路感染症」について、NPO法人医療ガバ

    dot.

    4/8

  • 女医が調査に乗り出した「日本が低用量ピル後進国」なのはなぜ? 

    女医が調査に乗り出した「日本が低用量ピル後進国」なのはなぜ? 

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。「各国の低用量ピル事情」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山

    dot.

    3/11

  • 女医が不安視する新型コロナウイルス「日本の医療体制は本当に大丈夫なのか?」

    女医が不安視する新型コロナウイルス「日本の医療体制は本当に大丈夫なのか?」

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。前回に引き続き「新型コロナウイルス」について、NPO法人医療ガバナンス

    dot.

    2/26

  • 新型コロナウイルス 日本の水際対策は無意味すぎる!日本国内感染はもっと広がっている

    新型コロナウイルス 日本の水際対策は無意味すぎる!日本国内感染はもっと広がっている

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「新型コロナウイルスの対策」について、NPO法人医療ガバナンス研

    dot.

    2/12

  • 新型コロナウイルス あなたが感染源にならないために知っておくべきこと

    新型コロナウイルス あなたが感染源にならないために知っておくべきこと

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「感染拡大が止まらない新型コロナウイルス」について、NPO法人医

    dot.

    1/29

  • まもなく花粉飛散開始!つらい花粉症を劇的におさえるアレルゲン免疫療法とは?

    まもなく花粉飛散開始!つらい花粉症を劇的におさえるアレルゲン免疫療法とは?

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「そろそろ気になる花粉症対策」について、NPO法人医療ガバナンス

    dot.

    1/1

  • シーズン直前! 受験前に知っておきたい「本当の風邪予防」 睡眠時間でリスクが変化!?

    シーズン直前! 受験前に知っておきたい「本当の風邪予防」 睡眠時間でリスクが変化!?

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「受験シーズンを控えた風邪対策」について、NPO法人医療ガバナン

    dot.

    12/18

  • 年間61万件が「予定外の妊娠」 緊急避妊薬の切実な処方状況

    年間61万件が「予定外の妊娠」 緊急避妊薬の切実な処方状況

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「避妊薬を取り巻く課題」について、NPO法人医療ガバナンス研究所

    dot.

    12/4

5 6 7 8 9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す