古賀茂明〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

古賀茂明

このエントリーをはてなブックマークに追加
古賀茂明

古賀茂明

古賀茂明(こが・しげあき)/古賀茂明政策ラボ代表、「改革はするが戦争はしない」フォーラム4提唱者。1955年、長崎県生まれ。東大法学部卒。元経済産業省の改革派官僚。産業再生機構執行役員、内閣審議官などを経て2011年退官。主著『日本中枢の崩壊』(講談社文庫)など

  • NEW

    古賀茂明「下請け、中小企業の雇用維持のための妙案がない現実」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     先日、ある大手自動車メーカーに部品や素材を供給する企業の会合に参加した。そこであらためて思い知らされたのが、日本の労働者がいかに厳しい状況に置かれているかということだ。 世界の中で日本の製造業の地位は年々下がっている。特に、電機産業では、家電から始まり、太陽光パネル、半導体、液晶、パソコン、スマホ...

  • 古賀茂明「日韓対立は百害あって一利なし。得するのは中国」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     11月23日、豪州の複数のメディアは、中国のスパイ活動に従事した「王立強」と名乗る男性が、香港や台湾などでの工作活動に関する情報を豪州政府(諜報機関)に提供し、豪州への亡命を希望したと報じた。 王氏は、2014年、中国人民解放軍傘下の上場企業の社員として香港に赴任。民主化運動に対抗するために中国か...

  • 古賀茂明「『桜を見る会』の文書廃棄はあり得ない」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

    「桜を見る会」の疑惑が広がっている。公職選挙法や政治資金規正法違反の疑いまで出てきた。しかし、野党がこの問題を追及しても、「関連資料廃棄」という壁に突き当たる。「やましいところがあるから」廃棄したのだろうということまでは言えても、「違います」と返されて終わる。このままでは、「モリカケ」同様、本件の追...

  • 古賀茂明「関電裏金発覚後でも、金品をもらう余地を残そうとする大手電力」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     思わず目を疑った。──北陸電、歳暮受け取り禁止 関電問題受け 東北電は届け出制── 11月1日の日経新聞記事の見出しだ。 電力会社は、長い間地域独占を認められ、何も努力せずに利益が保証されてきた。消費者は、どんな価格でも電力を買わざるを得ないという弱い立場にある。だから、経済産業省が、その価格=電...

  • 古賀茂明「安倍政権の働き方改革に騙されるな」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     中小企業で働く私の知人(Aさん)は、これまで毎日のように1時間強の残業をしていた。入社したときから続けていたので、特に疑問も持たずに過ごしてきたが、昨年、「働き方改革」という言葉と残業規制強化の話をテレビで見て、「私がいつもしているのは『残業』で、お金を払ってもらうべきなんだ」と初めて気づいた。そ...

おすすめの記事おすすめの記事