古賀茂明

古賀茂明(こが・しげあき)/古賀茂明政策ラボ代表、「改革はするが戦争はしない」フォーラム4提唱者。1955年、長崎県生まれ。東大法学部卒。元経済産業省の改革派官僚。産業再生機構執行役員、内閣審議官などを経て2011年退官。近著は『官邸の暴走』(角川新書)など

  • 岸田総理は「化石の中の化石」? 古賀茂明

    岸田総理は「化石の中の化石」? 古賀茂明

     10月4日、岸田文雄内閣が発足した。総理大臣指名後記者会見の冒頭発言は、5分で眠気を催す内容だったが、最後に、10月14日に衆議院を解散し、19日公示、31日に総選挙を行うという爆弾宣言で世間を驚か

    週刊朝日

    10/12

  • 岸田新総裁誕生でも変われない自民「5つの大罪」 古賀茂明

    岸田新総裁誕生でも変われない自民「5つの大罪」 古賀茂明

     自民党総裁選が終わった。党員票では河野太郎行革相が169票で、110票の岸田文雄氏に60票近い差をつけた。河野票には、安倍晋三元総理と菅義偉前総理の9年近くに及ぶ強権利権政治に終止符を打って欲しいと

    週刊朝日

    10/5

  • 動かせと言って原発を止める方法 古賀茂明

    動かせと言って原発を止める方法 古賀茂明

     自民党の新総裁が9月29日で決まる。その結果によって大きく影響を受けるものがある。それは、原発政策だ。 今回の総裁選では河野太郎氏の脱原発政策が揺らいだと話題になった。 河野氏は、再生可能エネルギー

    週刊朝日

    9/28

  • 総裁選と総選挙の二つのシナリオ 古賀茂明

    総裁選と総選挙の二つのシナリオ 古賀茂明

     先週の本コラムの最後に、(自民党総裁選で)「河野・石破、さらに小泉進次郎環境相の三者によるKIK連合ができれば、国民は熱狂し、河野氏勝利となる。」「ただし、河野氏が森友問題の再調査と脱原発を明言する

    週刊朝日

    9/21

  • 「KIK連合」で安倍政治終結なるか 古賀茂明

    「KIK連合」で安倍政治終結なるか 古賀茂明

     脱原発と再生可能エネルギー最優先の担い手河野太郎行政改革担当相と原子力ムラとの闘い(先週号参照)が、総裁選の重大テーマになってきた。しかも、この闘いは、自民党の派閥利権政治、とりわけ、「安倍政治」を

    週刊朝日

    9/14

  • 経産省による「河野太郎叩き」が意味すること

    経産省による「河野太郎叩き」が意味すること

     自民党総裁選の裏で大戦争が起きている。主役は、原子力利権の守護神・経済産業省の官僚と河野太郎規制改革担当相だ。連戦連勝の河野氏に対して、経産省は「文春砲」で最終戦争に打って出た。 先週の週刊文春は、

    週刊朝日

    9/7

  • ロックダウンを逃げた半年前のツケ 古賀茂明

    ロックダウンを逃げた半年前のツケ 古賀茂明

     新型コロナウィルスの感染拡大が止まらない。8月23日の報道ステーションでは、糖尿病の持病があり、すぐに入院が必要な状態になった患者の受け入れ先を探し続けた医師が、ことごとく断られ続け、最悪の事態を覚

    週刊朝日

    8/31

  • 安倍・菅政権の「積極的平和主義」に騙されるな

    安倍・菅政権の「積極的平和主義」に騙されるな

     8月15日の戦没者追悼式で、菅義偉総理が初めて読んだ式辞には、安倍晋三前総理の挨拶のコピペが多く、「菅色」はほとんどなかった。賞賛も批判もさして大きくなく、人々はほとんど関心を持たなかったようだ。 

    週刊朝日

    8/24

  • 意外にも菅氏の敵はパンケーキ? 古賀茂明

    意外にも菅氏の敵はパンケーキ? 古賀茂明

     予想通り五輪フィーバーが巻き起こった。ニュースが五輪、五輪で埋め尽くされる。そんな中、先週号でも言及した映画『パンケーキを毒見する』が劇場公開された。実は、この公開は、「無謀な試み」と言われていた。

    週刊朝日

    8/10

  • 選挙の前に「忘れない」ことが一番大事 古賀茂明

    選挙の前に「忘れない」ことが一番大事 古賀茂明

     最近、安倍・菅政権について書いた私の新著が発売されたのを受けて、ラジオやネット番組に呼ばれる機会が増えた。そこで受ける質問で共通するのが、「コロナの感染爆発が起きるとわかっているのに五輪を開催した菅

    週刊朝日

    8/3

1 2 3 4 5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す