平昌五輪特集

AERA dot.

古賀茂明

このエントリーをはてなブックマークに追加
古賀茂明

古賀茂明

古賀茂明(こが・しげあき)/1955年、長崎県生まれ。東京大学法学部卒業後、旧通産省(経済産業省)入省。国家公務員制度改革推進本部審議官、中小企業庁経営支援部長などを経て2011年退官、改革派官僚で「改革はするが戦争はしない」フォーラム4提唱者。元報道ステーションコメンテーター。主著『日本中枢の崩壊』『日本中枢の狂謀』(講談社)など。「シナプス 古賀茂明サロン」主催

  • NEW

    古賀茂明「大詰めを迎えた受動喫煙防止法案 安倍総理と小池都知事のどちらが姑息?」

    政官財の罪と罰 dot.

    「受動喫煙防止法案」が骨抜きにされる可能性が濃厚だ。このままでは、屋内での喫煙が事実上野放しとなり、2020年のオリンピック・パラリンピック(オリパラ)で、我が国は、「喫煙天国日本!」として世界に恥をさらすことになるだろう。 問題は内容だけではない。時間的にもほとんど手遅れになりそうな状況だ。オリパ...

  • 古賀茂明「安倍政権では民主党政権下の実質賃金を上回れない現実を報じないメディア」

    政官財の罪と罰 dot.

     2月7日に厚生労働省が発表した毎月勤労統計調査(毎勤統計)の速報値によれば、2017年の実質賃金は、前年比0.2%の減少だった。「実質賃金2年ぶりマイナス」という見出しを付ける新聞がほとんどだったが、これは明らかに安倍政権を忖度したものだ。2年ぶりマイナスと言えば、マイナスになったのが珍しく201...

  • 古賀茂明「集団的自衛権違憲判決を阻止するための改憲を報じないメディア」

    政官財の罪と罰 dot.

     1月31日、非常に重要な判決が出た。何が争われているのかを簡単にまとめれば次の通りだ。 まず、2015年に成立した安全保障関連法では、日本と密接な関係にある他国への武力攻撃によって日本の存立が脅かされるような「存立危機事態」が起きた場合、集団的自衛権によって武力行使ができると定められている。これは...

  • 古賀茂明「佐川国税庁長官擁護でみえる官僚が握る安倍政権の生殺与奪権」

    政官財の罪と罰 dot.

     第2次安倍内閣が発足してから5年が経過した。内閣人事局ができて、官邸が官僚人事を握ったこともあり、安倍政権が完全に官僚を意のままに操り、官僚は安倍官邸の意向を「忖度」している……。 これが多くのマスコミが報じる安倍政権下での政権と官僚の関係である。 しかし、官僚生活を31年間経験した私の目にはそん...

  • 古賀茂明「意味不明の野党統一会派 共闘して企業・団体献金禁止を訴えろ」

    政官財の罪と罰 dot.

     旧民進党系の野党の統一会派作りが迷走している。 3カ月前の選挙では、別々の政策を掲げて戦った者同士が、国会で統一会派を作るというと、有権者は、だったらなぜ選挙の時に一緒にやらなかったのかと疑問を持つ。 とりわけ、安保法制や憲法改正について、明らかに異なる立場をとった政党同士が一緒になると言われると...