「長生きするのが怖い」。将来に不安を抱いている人は多いだろう(写真はイメージです/gettyimages)

 作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は韓国と日本それぞれで「未来が怖い」理由について。

【写真】ありがとう、吉幾三 5年で50億に「ばかやろう」という怒りを諦めてはいけない

*    *  *

「長生きするのが怖い。将来が不安でたまらない。給料が少なく、貯金もできず、物価は上がり続けている。なにしろ政治が悪すぎる。国が人を守らなくて悲しい」

 先日出会った30歳の韓国人女性の言葉である。なにそれ、全く同じよ、同じ、日本も全く同じ、日本の若い人も、というか若くなくても、多くの人がそう感じているよ……と共感しつつ、ふと聞いてみた。

「すごく失礼な話だけど……お給料の額を聞いてもいいですか?」

 他人の収入など聞くものではないが、日韓の収入差が気になった。日本の年収の中央値(平均ではない)は360万円前後と言われているが、韓国の中央値は430万円を超えているという調査もある。私はよくソウルに遊びに行くのだが、衣食住の豊かさは、韓国のほうが充実している印象も受ける。実際、購買力評価による1人あたりのGDP額は日本を追い抜き、韓国が上だ。いったい韓国で生きる30代の女性が「長生きが怖い」とまで言うほどの経済状況は、どの程度のものなのだろう。

 そして結果は、果たしてやはり……というもので、システムエンジニアの30歳の韓国人女性の収入は、税金等を引いた手取りで月30万円は下らず、ボーナスを入れると手に残るのは年500万円は超えるという。システムエンジニアは高給なほうだとは思うが、彼女の実感では同世代と比べても「特別にいいわけではない」とのことだ。そしてため息をつくのだ、「日本は物価が安くていいですよ、私は将来が怖い」と。

「日本の物価、ぜんぜん安くないよ!」と心の中で叫びながら、最近、安いとか高いとか、そんなことばかり言っているなぁと気が付く。特に若い世代と話すと当たり前のようにお金の話になる。

著者プロフィールを見る
北原みのり

北原みのり

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。女性のためのセクシュアルグッズショップ「ラブピースクラブ」、シスターフッド出版社「アジュマブックス」の代表

北原みのりの記事一覧はこちら
次のページ
美容院に行けば美容師が