「猫を差し出せ」だなんて…。興福寺の長実房英俊さん、匿ってくれてありがとう(※写真はイメージです/gettyimages)

 今日は2月22日、いわゆるの日だ。古今東西、猫という生き物は人を虜にしてきたようだ。が、時に天敵も現れる。あの織田信長は、猫と愛猫家にとって非常に恐ろしい存在だったようだ。

【写真】「猫を差し出すなんて」愛猫家の気持ちはいつの時代も同じ

*   *   *

 織田信長は猫の天敵――といえば、驚く人も多いだろう。どういうことか。

 戦国時代、奈良の大寺院である興福寺の塔頭、多聞院に長実房英俊(1518〜96)という学識ある僧侶がいた。

 英俊は猫や犬が大好きで、彼の日記には多くの猫犬が登場する。猫が子どもを産んだと聞くと喜び、犬が鉄砲で撃たれたと聞くと悲しんで、日記に「不憫だ」と書き記す。

信長は無類の鷹狩りマニア

 世は信長の時代。あるとき、信長の家来で大和国の国主、筒井順慶から命令が来た。

「奈良中の猫やニワトリを差し出すように。これは安土からの命令である」

 安土は信長の居城。だから、これは信長の厳命である。当然、愛猫家たちは動揺し、不安になった。

 なぜ信長はそう命じたのか。信長は無類の鷹狩りマニアで、城中におそらく数十羽の鷹を飼っていた。鷹は生き餌を好む。だから、手っ取り早く身近な猫やニワトリを生き餌にしようというのだ。

そうだ、興福寺に駆け込もう

 そこで、奈良の愛猫家たちは名案を思いついた。

 ――興福寺に匿ってもらおう。そうすれば、うちの子は大丈夫なはず。

次のページ
なぜ興福寺なら安全なのか