X(旧Twitter)でコメントした元「忍者」の志賀泰伸氏(撮影/上田耕司)

「彼の無念に、私は立ち向かいます」

 男性が所属していた「当事者の会」には、今でも心無い誹謗中傷が届いていることから、同会は情報発信に慎重になっているという。元メンバーはこう明かす。

「熱狂的なジャニーズファンと思われる人たちから、SNSなどで『ジャニーズがなくなったのはお前のせいだ』『お金目当て』『ウソはすぐバレる』などいろいろな言葉でののしられる。本人ばかりか、家族にまで誹謗中傷が及ぶことがあります。そんな状態では、もう発信したくないと思う気持ちはわかります」

 実際、「当事者の会」の平本淳也代表は10月10日、ネット上で誹謗中傷を受けたとして、神奈川県警に刑事告訴した。同じく、「Kis-My-Ft2」の元メンバーで、ジャニー氏からの性被害を告発した飯田恭平氏も11月9日、神奈川県警に被害届を提出した。

「忍者」の元メンバーで、ジャニー氏の性被害を告発した志賀泰伸氏は14日、自身のX(旧Twitter)で今の思いをこうつづった。

<現在私は療養中で一切のコメントはしないように各関係者より指導がありましたがどうしてもがまんできません。誠に勝手ながら。関係者の皆様申し訳ございません。彼の無念に、私は立ち向かいます。志しを共にした仲間でした。彼の勇気ある行動を決して無駄にしては、決してあっては、なりません。私自身、とても、辛く、苦しく、悔しく、深い悲しみの中にいます。皆様が、立ち上がる事を切に願います。涙がずーっと止まりません。残された小さな子供達家族を、思うと…すみません。言葉がでません。すいません。>

次のページ
被害者の家族も苦しめられている