12年ぶりにC大阪に復帰した香川真司
12年ぶりにC大阪に復帰した香川真司

 2023年のJリーグのシーズン開幕まで残りわずか。J1は2月17日に川崎対横浜FMの開幕戦が行われ、12月3日の最終節まで全34節にわたる長丁場の戦いが繰り広げられる。その熾烈な戦いを前に、J1全18クラブの「今オフの補強」を査定して5段階(良い方からA・B・C・D・E)で評価したい。今回はG大阪、C大阪、神戸、広島、福岡、鳥栖の6チーム。

【写真】かつては日本代表の10番 しかし現在くすぶっている選手といえば

*  *  *

■G大阪「A」

 辛うじて残留した屈辱のシーズンを終えた“西の雄”。プライドを取り戻すため、スペイン人のポヤトス新監督を招聘するとともに大型補強を敢行した。

 目玉は外国人選手の2人。カタールW杯にチュニジア代表として出場いたイッサム・ジェバリ(←オーデンセ)は剛柔自在で高いシュートスキルを持つストライカー。イスラエル代表のネタ・ラヴィ(←マッカビ・ハイファ)は高いインテンシティが魅力で、欧州CLの舞台でも好プレーを披露したMFだ。日本の生活に順応できるかが大きな鍵になるが、持てる力を発揮できれば間違いなくチームはスケールアップする。

 さらにパリ五輪世代の秀英サイドバックの半田陸(←山形)を争奪戦の末に獲得。右SBはチームの弱点でもあっただけに実に効果的な補強だと言える。その他、J2舞台で活躍したドリブラーの杉山直宏(←熊本)とCB江川湧清(←長崎)を獲得。さらにFW塚元大(←金沢)、DF佐藤瑶大(←仙台)、そして東京五輪で活躍してA代表にも招集されたGK谷晃生(←湘南)をレンタルバック。昌子源、齊藤未月、小野瀬康介、パトリック、レアンドロ・ペレイラと退団者にも大物が目立ったが、結果的に各ポジションに穴のない充実の陣容が完成した。この戦力を生かすも殺すも手綱を握るポヤトス監督次第と言えるが、フロントの仕事は非常に高く評価できる。

■C大阪「A」

 好感触だった昨季の戦いを終え、就任3年目を迎える小菊昭雄監督の下で効果的な補強に成功。いよいよ目に見える結果、悲願の初優勝を掴み取りに行けそうだ。

次のページ
“おとなしかった”神戸の評価は…