膨らみ続けるW杯の放映権料 テレビ撤退で有料放送化への危惧、視聴できなくなる人も

2022W杯

2022/12/24 11:30

 サッカーワールドカップ(W杯)の放映権料が膨らみ続けている。今後、テレビ局が放映権の購入から撤退しネットに移動すれば、有料放送中心になる可能性があるという。濱口博行・広島経済大学経営学部スポーツ経営学科教授が解説する。2022年12月26日号の記事から。

あわせて読みたい

  • 放映権料の高騰が「やべっちF.C.」に落とす影 サッカーW杯は20年で放映権料100倍に

    放映権料の高騰が「やべっちF.C.」に落とす影 サッカーW杯は20年で放映権料100倍に

    AERA

    7/15

    FIFA汚職 協会「変質」のきっかけは米国W杯?

    FIFA汚職 協会「変質」のきっかけは米国W杯?

    AERA

    6/8

  • W杯で気付かされた「地上波よりABEMAのほうが便利」という事実 放映権料「200億円」の舞台裏

    W杯で気付かされた「地上波よりABEMAのほうが便利」という事実 放映権料「200億円」の舞台裏

    dot.

    12/1

    TVのスポーツ中継がなくなる日も近い?ネットの有料配信増で“スポーツ離れ”加速も

    TVのスポーツ中継がなくなる日も近い?ネットの有料配信増で“スポーツ離れ”加速も

    dot.

    10/7

  • サッカーW杯アジア枠倍増 「ぬるま湯」化で世界との差がさらに開く可能性

    サッカーW杯アジア枠倍増 「ぬるま湯」化で世界との差がさらに開く可能性

    AERA

    9/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す