障害児の年齢問わず時短勤務可、有休の積み立ても 広がる企業の働き方を選べる制度

働き方

2022/10/31 08:00

 ワークスタイルが多様化する中、さまざまな事情を抱える社員も少なくない。企業側も従来の制度にとどまらない、仕事と家庭の両立支援に取り組み始めている。AERA 2022年10月31日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 障害児の医療ケアを背負うのは9割が母親 保育園に通いたくても門前払い

    障害児の医療ケアを背負うのは9割が母親 保育園に通いたくても門前払い

    AERA

    10/23

    終わりなき障害児育児、仕事との両立の難しさ 立ちはだかる「小1」「中1」「18歳」の壁

    終わりなき障害児育児、仕事との両立の難しさ 立ちはだかる「小1」「中1」「18歳」の壁

    AERA

    5/29

  • 男性育休率100%の中小企業 「休めない空気」を打破した社長のメッセージとは?

    男性育休率100%の中小企業 「休めない空気」を打破した社長のメッセージとは?

    dot.

    11/3

    「トリプル主治医」で地域資源とつながりやすく AERA本誌での座談会を終えて思うこと
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    「トリプル主治医」で地域資源とつながりやすく AERA本誌での座談会を終えて思うこと

    AERA

    9/13

  • 親が付き添わないと学校に行けない!医療的ケアが必要な子どもたちの現状

    親が付き添わないと学校に行けない!医療的ケアが必要な子どもたちの現状

    AERA

    1/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す