たかまつなな、若者の選挙への本音を分析 「自分たちの課題は政策に反映されない」

参院選2022

2022/07/02 08:00

 参院選が公示され、7月10日の投開票に向けて選挙戦が始まった。選挙のたびに指摘されるのは、若者世代の投票率の伸び悩みだ。若者は選挙についてどう考えているのだろうか。若者投票を呼びかける授業やイベントの現場を記者が訪ねた。AERA 2022年7月4日号の「参院選」特集の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 若者の投票率の伸び悩む理由 「入れたい政党がない」「よくわからないから棄権」指摘も

    若者の投票率の伸び悩む理由 「入れたい政党がない」「よくわからないから棄権」指摘も

    AERA

    7/3

    「ニッポン、マジで大丈夫かって」衆院選を前にした若者たちの政治意識

    「ニッポン、マジで大丈夫かって」衆院選を前にした若者たちの政治意識

    AERA

    10/19

  • シルバー民主主義の国、日本と韓国の違いとは? 「諦めたら負け」と私はマジメに投票に行く
    筆者の顔写真

    北原みのり

    シルバー民主主義の国、日本と韓国の違いとは? 「諦めたら負け」と私はマジメに投票に行く

    dot.

    6/22

    ネット投票、一番のネックは「勝ち組」議員? “ファクスはOK”の現実

    ネット投票、一番のネックは「勝ち組」議員? “ファクスはOK”の現実

    週刊朝日

    10/16

  • 参院選は「コロナ後」と「外交」問われる時 政治学者・中島岳志「政治を『自分ごと』に」

    参院選は「コロナ後」と「外交」問われる時 政治学者・中島岳志「政治を『自分ごと』に」

    AERA

    6/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す