「父の日」にもっと感動を演出するコツとは? 神子育て流の「幸せな経験」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「父の日」にもっと感動を演出するコツとは? 神子育て流の「幸せな経験」

星渉AERA#神子育て
※写真はイメージです(gettyimages)

※写真はイメージです(gettyimages)

星渉(ほし・わたる)/作家、講演家。著書に『神メンタル』『神トーーク』『99.9%は幸せの素人』(すべてKADOKAWA)は累計30万部を超えるベストセラー。(写真:本人提供)

星渉(ほし・わたる)/作家、講演家。著書に『神メンタル』『神トーーク』『99.9%は幸せの素人』(すべてKADOKAWA)は累計30万部を超えるベストセラー。(写真:本人提供)

 コロナ禍の中、家族で過ごす時間が増えた人が多い。『神子育て』著者で作家・講演家の星渉さんは、「だからこそ、親子関係、夫婦関係をアップデートするチャンスです」と話します。折しも今日は父の日。星さんに子どもと一緒にパパをもっと喜ばせる方法を教えてもらいました。

【写真】『神子育て』の筆者・星渉さんはこちら

*  *  *
「父の日」の今日、プレゼントを渡そうと計画しているご家庭は多いのではないでしょうか。

 せっかくなら最高に効果のある渡し方をしませんか?

 大切なのは意外にも「言葉」です。

 特に男性には、「自己重要感」を与える言葉が効果的であることがわかっています。「自己重要感」とは、自分が大切にされている、重要と思われている、と感じる気持ちです。

 いちばんシンプルな方法は「ありがとう」と言うことです。

 今までの出来事や日頃の行動、行為にプラスして「ありがとう」を加えるのがいいですね。

「いつもお仕事頑張ってくれてありがとう」
「いつも子どもたちの相手をしてくれてありがとう」

 という感じです。

「家族みんなパパを大事にしているよ」などもいいですね。

 妻が夫に言うなら、さらに「私の人生にあなたの存在がいい影響を与えている」という内容をプラスすると、夫の自己重要感は最高に高まります。

 言葉って極端な話、感情がこもってなくても受け取ることができるので、とりあえず言ってみることが大事です(笑)。

 これらの言葉の他に、パパを喜ばす方法があります。

 シカゴ大学の調査でこんなものがありました。あることをやることによって相手がどれくらい喜ぶと思いますか? と事前に予測を立て、実際にやってみて、相手がどれくらい喜んだかを調査したものです。

 結果はそれをやることによって、事前の予想をはるかに上回って相手が喜んだんです。何だと思いますか?

 感謝の手紙を渡したんです。

 手紙を書くなんて恥ずかしい、と思いますか?

 先ほどのシカゴ大学の調査でも、これを実際にやるとなると、被験者の中には「やりたくない」という拒否反応も出たらしいんです。理由の一つに、相手に「おかしくなったんじゃないかと思われる」ということがあったそうです。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい