内田樹「マルクス解説本が中韓で翻訳も、背景に全く異なる事情がある」

eyes 内田樹

内田樹

2021/03/17 07:00

 哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。

あわせて読みたい

  • 内田樹「米国でマルクスの衣鉢を継ぐだけの知力を具えた指導者は、ついに左翼からは出なかった」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「米国でマルクスの衣鉢を継ぐだけの知力を具えた指導者は、ついに左翼からは出なかった」

    AERA

    4/29

    献身して搾取され…マルクスの娘の波乱の人生描く映画 監督「現代人にも通じる複雑なキャラクター」と語る

    献身して搾取され…マルクスの娘の波乱の人生描く映画 監督「現代人にも通じる複雑なキャラクター」と語る

    AERA

    10/3

  • 12歳で「量子力学の教科書」執筆 日本の未来を支える若き天才

    12歳で「量子力学の教科書」執筆 日本の未来を支える若き天才

    AERA

    10/12

    内田樹「アメリカの草の根民主主義とマルクス主義の融合は『起きてもよかったこと』」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「アメリカの草の根民主主義とマルクス主義の融合は『起きてもよかったこと』」

    AERA

    4/13

  • 研究者がつづる随筆集 数学を通して思索する「よりよく生きる」方法とは

    研究者がつづる随筆集 数学を通して思索する「よりよく生きる」方法とは

    AERA

    6/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す