小児科・整形外科・耳鼻咽喉科も患者激減 病院の経営破綻を防ぐ打開策は

新型コロナウイルス

2020/06/13 08:00

 いま、地域のクリニックなど診療所が苦境に立たされている。コロナ禍での受診控えに加え、感染予防のため消毒を徹底する手間、防護服やフェースシールドなどの資材費も重くのしかかる。AERA 2020年6月15日号から。

あわせて読みたい

  • 新型コロナ 全国に広がる受診検診控えで「持病悪化、進行がん増加」 医師らが警告

    新型コロナ 全国に広がる受診検診控えで「持病悪化、進行がん増加」 医師らが警告

    AERA

    8/23

    「検査キットの普及と抗ウイルス薬の処方を早く」 1200人医師アンケート【西日本編】

    「検査キットの普及と抗ウイルス薬の処方を早く」 1200人医師アンケート【西日本編】

    週刊朝日

    5/3

  • 新型コロナで“別の医療崩壊” 受診抑制で医療の問題点が明らかに

    新型コロナで“別の医療崩壊” 受診抑制で医療の問題点が明らかに

    週刊朝日

    6/26

    「病院に行くのが怖い」 コロナ禍で診療所が破綻危機 消毒・防護具費用も負担に

    「病院に行くのが怖い」 コロナ禍で診療所が破綻危機 消毒・防護具費用も負担に

    AERA

    6/13

  • 「発症初期よりアビガンを」1200人医師アンケートで訴え【東日本編】

    「発症初期よりアビガンを」1200人医師アンケートで訴え【東日本編】

    週刊朝日

    4/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す