コロナ後の日本社会は英国にヒントあり ブレイディみかこ「20年先を見据えた教育変革を」

新型コロナウイルス

2020/05/09 11:30

 イギリスでは「コロナ後」の社会に注目が集まっている。感染拡大を教訓に変革の動きが見えつつある。その主役となるのは、子どもの頃に新しい市民教育を受けた若者たちだ。AERA 2020年5月4日-11日号では、イギリス在住のライター・ブレイディみかこさんが教育の重要性を訴える。

あわせて読みたい

  • コロナ禍でも英国で「階級差」 キーワーカーの子どもは通学という現実も…ブレイディみかこがレポ

    コロナ禍でも英国で「階級差」 キーワーカーの子どもは通学という現実も…ブレイディみかこがレポ

    AERA

    5/9

    高橋源一郎×ブレイディみかこ 「吸収だけで放出しない」日本教育の問題点

    高橋源一郎×ブレイディみかこ 「吸収だけで放出しない」日本教育の問題点

    AERA

    2/21

  • 「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」に学ぶ、「エンパシー」と多様性

    「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」に学ぶ、「エンパシー」と多様性

    tenki.jp

    2/29

    ブレイディみかこさん「良くなる兆しが見えない日本、私たちが地ベタでできることを」

    ブレイディみかこさん「良くなる兆しが見えない日本、私たちが地ベタでできることを」

    AERA

    8/20

  • 「イカゲーム」『ペイント』…なぜ韓国作品は生々しい? 高橋源一郎×ブレイディみかこが対談

    「イカゲーム」『ペイント』…なぜ韓国作品は生々しい? 高橋源一郎×ブレイディみかこが対談

    AERA

    2/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す