箱根駅伝に慶応、東大も参戦 “文武両道ランナー”の実力は (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

箱根駅伝に慶応、東大も参戦 “文武両道ランナー”の実力は

このエントリーをはてなブックマークに追加
小柳暁子AERA
【東京大学】阿部飛雄馬選手(23、右):教育学部4年。学部卒業後は大学院の教育学研究科に進む。2020年3月にはびわ湖毎日マラソン大会に出場予定。「東京マラソンにいずれ出たい。目標はエリート枠です」/【慶應義塾大学】司代隼選手(20):法学部政治学科2年。「長距離ではメンタル面の要素が大きいと思う。個人競技ですが、チーム競技の要素もある」。予選会での敗退を受けミーティングを積み重ね、チーム要素が強まったという(撮影/写真部・小山幸佑(阿部さん)、慶應義塾体育会競走部提供(司代)

【東京大学】阿部飛雄馬選手(23、右):教育学部4年。学部卒業後は大学院の教育学研究科に進む。2020年3月にはびわ湖毎日マラソン大会に出場予定。「東京マラソンにいずれ出たい。目標はエリート枠です」/【慶應義塾大学】司代隼選手(20):法学部政治学科2年。「長距離ではメンタル面の要素が大きいと思う。個人競技ですが、チーム競技の要素もある」。予選会での敗退を受けミーティングを積み重ね、チーム要素が強まったという(撮影/写真部・小山幸佑(阿部さん)、慶應義塾体育会競走部提供(司代)

箱根駅伝コース・高低差マップ【1】(AERA 2019年12月30日-2020年1月6日合併号より)

箱根駅伝コース・高低差マップ【1】(AERA 2019年12月30日-2020年1月6日合併号より)

箱根駅伝コース・高低差マップ【2】(AERA 2019年12月30日-2020年1月6日合併号より)

箱根駅伝コース・高低差マップ【2】(AERA 2019年12月30日-2020年1月6日合併号より)

「何をやるかは自分で決める。自分の裁量で練習しています」

 東大生らしく論文を読み込んで練習法を研究する部員もいるという。将来は仕事を持ちながら走る市民ランナーが目標だ。

「将来的にはフルマラソンにシフトしバリバリ走りたい。長距離はセンスだけでできるものでもない。練習や蓄積が必要だし、人間性を変えていかないと競技上も成長できないと思います」

 残念ながら出場ならなかった慶應。保科光作競走部ヘッドコーチ(35)は悔しさをにじませながら「筑波の本選出場には刺激を受けた」と言う。そんな中、法学部2年の司代隼選手(しだいじゅん=20)が学生連合チームに選出された。実は慶應でも5、6番手の選手。しかし予選会当日、予想外の暑さの中でエース級が失速する中、力を発揮した。

「高2の正月に、慶應が箱根駅伝を目指すというニュースを見て、慶應に志望校を変えました。一般受験組でもやれるんだということを伝えたいです」

 箱根駅伝は関東の大学しか出場できないが、12月10日の記者発表会で青学の原晋監督(52)は「100回大会を機に全国化を」と提言した。人気は一層過熱しそうだ。(編集部・小柳暁子)

AERA 2019年12月30日-2020年1月6日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい