稲垣えみ子「台風19号襲来。誰かを思いやることがボランティアだと感じた」

アフロ画報

稲垣えみ子

2019/11/04 11:30

 元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人とのふれあい、思い出などをつづります。

あわせて読みたい

  • 稲垣えみ子「もはやスマートな戦争 SNS運営企業に人生を差し出していた私」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「もはやスマートな戦争 SNS運営企業に人生を差し出していた私」

    AERA

    9/27

    稲垣えみ子「無駄金を使わないことが、暮らしを整えるコツなんです」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「無駄金を使わないことが、暮らしを整えるコツなんです」

    AERA

    3/29

  • 稲垣えみ子「東京五輪は、もう我らが掛け値なしに愛せる対象ではなくなった」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「東京五輪は、もう我らが掛け値なしに愛せる対象ではなくなった」

    AERA

    7/12

    稲垣えみ子「五輪だけは不要不急じゃない、というのは一体どういう論理?」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「五輪だけは不要不急じゃない、というのは一体どういう論理?」

    AERA

    6/1

  • 稲垣えみ子「大きいシステムが一人勝ちする社会は、裏では誰かがツケを払っている」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「大きいシステムが一人勝ちする社会は、裏では誰かがツケを払っている」

    AERA

    7/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す