義理の親の介護で金銭要求、制度的に可能でも…しづらい現実

2019/01/23 08:00

 1月13日から相続に関する法制度が大幅に改正された。義理の親を介護した配偶者が金銭の請求ができるようになったり、配偶者相続人の居住権が保護されたりと、メリットばかりが報じられているが、落とし穴も多い。

あわせて読みたい

  • 約40年ぶりの相続改正で家族やきょうだい間に新たな火種? 「妻に優しい改正」とは

    約40年ぶりの相続改正で家族やきょうだい間に新たな火種? 「妻に優しい改正」とは

    週刊朝日

    4/4

    介護した時間分、遺産がもらえる? 相続制度改正で“貢献度”考慮

    介護した時間分、遺産がもらえる? 相続制度改正で“貢献度”考慮

    AERA

    1/1

  • 介護貢献分は「思ったより安い」現実も 相続ルールの「損得」

    介護貢献分は「思ったより安い」現実も 相続ルールの「損得」

    週刊朝日

    7/13

    介護の貢献で「息子の妻」も対象に! 変わる「相続」制度

    介護の貢献で「息子の妻」も対象に! 変わる「相続」制度

    週刊朝日

    4/13

  • 介護ではじまる相続トラブル 「親がやるべきこと」「子がやるべきこと」

    介護ではじまる相続トラブル 「親がやるべきこと」「子がやるべきこと」

    週刊朝日

    9/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す