「子どもはコミュ障に育ってほしい」川上量生・カドカワ社長の独自教育論

子育て

2018/10/24 16:00

「子育てでも教育でも、『お前はこういう道を行け』というのは傲慢です。だから、まずは選択肢を提供してあげること。そのうえで大切なのは、子どもが選んだ選択肢に対して、十分なサポートをすることです」

 N高校では、進学したい生徒は予備校講師らによる練度の高い入試対策授業を受けることができるし、ライトノベルを書きたい人なら、本物の作家や編集者に作品を講評してもらえる。

「3年間学んで社会に出たとき生きていけるすべをN高校で身につけてもらいます」

 その、客観的な評価軸が進学実績であり、就職実績だ。すでに編入学生が難関校を含む多数の大学や企業に巣立っていった。来年3月には、高校入学時から3年間をN高校で過ごした生徒たちが初めて卒業する。

 川上さん自身は娘が生まれて、変わったことがあるという。

「子どもが生まれる前は、こういう子育てをしたい、こうなってほしいという考えがいろいろありました。でも、妻が分娩室に入って、我が子が生まれてくるのを待っている間にその意識は変わって、無事に生まれてきてくれればそれでいいと思った。いまはシンプルに、子どもが幸せに育っていってくれればいい。どんなふうに成長していくか、ただただ楽しみです」

(編集部・川口穣)

※AERA 2018年10月29日号より抜粋

1 2

あわせて読みたい

  • ネットの高校「N高校」は教育界を変えるか

    ネットの高校「N高校」は教育界を変えるか

    AERA

    10/30

    東浩紀、ニコ動「復活にはかなりのアクロバットが必要だろう」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀、ニコ動「復活にはかなりのアクロバットが必要だろう」

    AERA

    2/28

  • 激論!「子あり」vs.「子なし」それぞれの言い分

    激論!「子あり」vs.「子なし」それぞれの言い分

    AERA

    8/5

    不登校になっても通える学校 N高・N中が人気を集める理由

    不登校になっても通える学校 N高・N中が人気を集める理由

    AERA

    5/17

  • 子育てだけが生き甲斐になると、子どもも母親も苦しくなる?

    子育てだけが生き甲斐になると、子どもも母親も苦しくなる?

    BOOKSTAND

    10/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す